Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となりました: 2023-09-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

diagnostic export

[試験的] 失敗した分析の診断情報をエクスポートします。

GitHub CodeQL は、インストール時にユーザーごとにライセンスされます。 CodeQL は、ライセンスの制限の下で特定のタスクでのみ使用できます。 詳しくは、「CodeQL CLI について」を参照してください。

GitHub Advanced Security ライセンスがある場合は、CodeQL を使用して、自動分析、継続的インテグレーション、継続的デリバリーを行うことができます。 詳しくは、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

このコンテンツでは、CodeQL CLI の最新リリースについて説明します。 このリリースについて詳しくは、 https://github.com/github/codeql-cli-binaries/releases をご覧ください。

以前のリリースの、このコマンドで使えるオプションを詳しく確認するには、ターミナルで --help オプションを指定してコマンドを実行してください。

構文

Shell
codeql diagnostic export --format=<format> [--output=<output>] <options>...

説明

[試験的] 失敗した分析の診断情報をエクスポートします。

v2.12.6 以降で使用できます。

主なオプション

--format=<format>

[必須] 結果を書き込む形式。 つぎのいずれかです。

raw: 未処理の未解釈の診断メッセージの一覧を JSON オブジェクトとして指定します。

sarif-latest: Static Analysis Results Interchange Format (SARIF)。静的な分析結果を記述するための JSON ベースの形式。 この形式オプションでは、サポートされている最新バージョン (v2.1.0) が使用されます。 このオプションは、異なる CodeQL バージョン間で異なるバージョンの SARIF が生成されるため、自動化での使用には適していません。

sarifv2.1.0: SARIF v2.1.0。

text: 診断メッセージの箇条書き。

-o, --output=<output>

診断情報を書き込む出力パス。

--sarif-exit-code=<sarifExitCode>

[SARIF 形式のみ] 失敗したプロセスの終了コード。

--sarif-exit-code-description=<sarifExitCodeDescription>

[SARIF 形式のみ] 失敗したプロセスが終了した理由。

--sarif-category=<category>

[SARIF 形式のみ] SARIF 出力に含めるこの分析のカテゴリを指定します。 カテゴリを使用して、同じコミットとリポジトリ (ただし、異なる言語またはコードの異なる部分) で実行される複数の分析を区別できます。

同じバージョンのコード ベースを複数の異なる方法で分析し (たとえば、言語が異なる場合)、コード スキャンでプレゼンテーションするために GitHub に結果をアップロードする場合、この値は各分析間で異なる必要があります。これにより、コード スキャンに対して、分析では互いに ''置き換える'' のではなく ''補足する'' ことが示されます __ __ (コード ベースの ''異なる'' バージョンに対して同じ分析の実行間で値の一貫性を保つ必要があります)。__

この値は、SARIF v1 では <run>.automationId プロパティ、SARIF v2 では <run>.automationLogicalId プロパティ、SARIF v 2.1.0 では <run>.automationDetails.id プロパティとして表示されます (まだ存在しない場合は末尾にスラッシュが付加される)。

--diagnostic-dir=<diagnosticDirs>

CodeQL 診断メッセージを含むディレクトリ。 これを複数回渡して、複数のディレクトリを含めることができます。

共通オプション

-h, --help

このヘルプ テキストを表示します。

-J=<opt>

[詳細設定] コマンドを実行している JVM にオプションを指定します

(スペースを含むオプションは正しく処理されないことに注意してください)。

-v, --verbose

出力される進行状況メッセージの数を段階的に増やします。

-q, --quiet

出力される進行状況メッセージの数を段階的に減らします。

--verbosity=<level>

[詳細設定] 詳細レベルを、errors、warnings、progress、progress+、progress++、progress+++ のいずれかに明示的に設定します。 -v-q がオーバーライドされます。

--logdir=<dir>

[詳細設定] タイムスタンプと実行中のサブコマンドの名前を含む生成された名前を使用して、指定されたディレクトリ内の 1 つまたは複数のファイルに詳細なログを書き込みます

(完全に制御できる名前でログ ファイルを書き込むには、代わりに --log-to-stderr を指定し、必要に応じて stderr をリダイレクトします)。