Skip to main content

About CodeQL code scanning in your CI system

You can analyze your code with CodeQL in a third-party continuous integration system and upload the results to your GitHub Enterprise Server instance. The resulting code scanning alerts are shown alongside any alerts generated within GitHub Enterprise Server.

Code scanning は、GitHub Enterprise Server の Organization 所有のリポジトリで利用できます。 この機能には、GitHub Advanced Security のライセンスが必要です。 詳細については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

Note: Your site administrator must enable code scanning for your GitHub Enterprise Server instance before you can use this feature. For more information, see "Configuring code scanning for your appliance."

About CodeQL code scanning in your CI system

Code scanning は、開発者が GitHub リポジトリ内のコードを分析して、セキュリティの脆弱性とコーディングエラーを見つけることができる機能です。 分析によって特定されたすべての問題はGitHub Enterprise Serverに表示されます。 For information, see "About code scanning with CodeQL."

You can run CodeQL code scanning within GitHub Enterprise Server using GitHub Actions. Alternatively, if you use a third-party continuous integration or continuous delivery/deployment (CI/CD) system, you can run CodeQL analysis in your existing system and upload the results to your GitHub Enterprise Server instance.

CodeQL CLIをサードパーティのシステムに追加して、コードを分析するツールを呼び、SARIFの結果をGitHub Enterprise Serverにアップロードしてください。 結果のcode scanningアラートは、GitHub Enterprise Server内で生成されたアラートとともに表示されます。 詳細については、「CI システムでの CodeQL コード スキャンについて」を参照してください。

複数の構成を使用してコード スキャンを実行する場合、アラートに複数の分析元が含まれることがあります。 アラートに複数の分析元がある場合、各分析元でのアラートの状態を、[アラート] ページに表示することができます。 詳細については、「分析元について」を参照してください。

注: GitHub Enterprise Server の結果の code scanning として表示する SARIF データをアップロードすることは、GitHub Advanced Security が有効にされた組織が所有するリポジトリ。 詳細については、「リポジトリのセキュリティと分析の設定を管理する」を参照してください。

About the CodeQL CLI

The CodeQL CLI is a standalone product that you can use to analyze code. Its main purpose is to generate a database representation of a codebase, a CodeQL database. Once the database is ready, you can query it interactively, or run a suite of queries to generate a set of results in SARIF format and upload the results to your GitHub Enterprise Server instance.

Use the CodeQL CLI to analyze:

  • Dynamic languages, for example, JavaScript and Python.
  • Compiled languages, for example, C/C++, C#, and Java.
  • Codebases written in a mixture of languages.

For more information, see "Installing CodeQL CLI in your CI system."

メモ:

  • CodeQL CLI は、Advanced Security のライセンスを持つ顧客が使うことができます。

  • CodeQL CLI は現在、glibc 以外の Linux ディストリビューション ((musl ベースの) Alpine Linux など) との互換性がありません。