Skip to main content

Enabling automatic update checks

You can enable automatic update checks so that your GitHub Enterprise Server instance checks for and downloads the latest GitHub Enterprise Server release.

When an upgrade package is automatically downloaded for your GitHub Enterprise Server instance, you'll receive a message letting you know you can upgrade GitHub Enterprise Server. Packages download to the /var/lib/ghe-updates directory on your GitHub Enterprise Server instance. For more information, see "Upgrading GitHub Enterprise Server."

If a hotpatch is available for an upgrade, the .hpkg will download automatically. In the management console you can choose to install the hotpatch immediately or schedule installation for a later time. For more information, see "Upgrading with a hotpatch."

Tip: To enable automatic update checks, your GitHub Enterprise Server instance must be able to connect to https://github-enterprise.s3.amazonaws.com.

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅の をクリックします。

    サイト管理者設定にアクセスするための宇宙船アイコンのスクリーンショット

  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。

    [サイト管理者] リンクのスクリーンショット

  3. 左側のサイドバーで、 [Management Console] をクリックします。 左側のサイドバーの [[Management Console]] タブ

  4. [Management Console] の上部にある [更新] をクリックします。 [更新] メニュー項目

  5. Click Yes, automatically check for updates. Button for enabling automatic updates

  6. 左側のサイドバーで、 [設定の保存] をクリックします。

    [Management Console] の [設定の保存] ボタンのスクリーンショット

    注: [Management Console] に設定を保存すると、システム サービスが再起動され、ユーザーに表示されるダウンタイムが発生する可能性があります。

  7. 設定の実行が完了するのを待ってください。

    インスタンスの設定

To see if your instance is up-to-date, check the banner on the Updates tab.

Banner indicating your release of GitHub Enterprise Server

Under Logs, you can see the status of the most recent update check.

Logs for update