Skip to main content

セルフホストランナーの削除

リポジトリ、Organization、または Enterprise から、セルフホステッド ランナーを完全に削除できます。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

リポジトリからのランナーの削除

注:

  • この手順は、セルフホストランナーを恒久的に削除します。 一時的にランナーへのジョブの割り当てを停止するだけなら、そのマシンをシャットダウンするか、run アプリケーションを停止することができます。 ランナーは "Offline (オフライン)" 状態で割り当て済みのままになり、run アプリケーションを使ってランナーを再起動するまではジョブが実行されません。
  • セルフホスト ランナーは、GitHub Actions に 14 日以上接続されないと、GitHub Enterprise Server から自動的に削除されます。 エフェメラル セルフホストランナーは、GitHub Actions に 1 日以上接続されないと、GitHub Enterprise Server から自動的に削除されます。
  • Just-In-Time (JIT) ランナーは、1 つのジョブのみを実行できます。 JIT ランナーがジョブを実行しない場合は、自動的に削除されます。 自動削除の前に JIT ランナーを削除するには、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で JIT ランナーを削除する必要があります。

ユーザリポジトリからセルフホストランナーを削除するには、リポジトリのオーナーでなければなりません。 組織の所有者を持つユーザーは、組織内のリポジトリからランナーを削除できます。

セルフホストランナーのマシンへもアクセスできるようにしておくことをおすすめします。

REST API を使ってセルフホスト ランナーを削除する方法については、「セルフホステッド ランナーの REST API エンドポイント」をご覧ください。

あるいは、GitHub Enterprise Server 上のリポジトリ、組織、またはエンタープライズ へのランナーの削除のアクセス権がないものの、ランナー マシンを再利用したいのであれば、セルフホスト ランナー アプリケーション ディレクトリ(つまり、ランナーソフトウェアをダウンロードして解凍したディレクトリ)内の .runner ファイルを削除できます。 そうすれば、セルフホストランナーアプリケーションをダウンロードし直さなくても、ランナーを再登録できるようになります。

  1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [設定] をクリックします。 [設定] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [設定] をクリックします。

    タブを示すリポジトリ ヘッダーのスクリーンショット。 [設定] タブが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  3. 左のサイドバーで [アクション] をクリックしてから、 [ランナー] をクリックします。

  4. ランナーの一覧で、構成するランナーの名前をクリックします。

  5. [削除] をクリックします。

  6. セルフホストランナーの削除手順が表示されます。 ランナーがアクセスできる状態にあるかによって、ランナーを削除するための以下のステップのいずれかを実行してください。

    • ランナー マシンにアクセスできる場合: マシンのオペレーティング システムの画面上の指示に従い、削除コマンドを実行してください。 この指示には、必須のURLと自動的に生成された期間限定のトークンが含まれます。

      この削除コマンドは、以下のタスクを実行します。

      • GitHub Enterprise Serverからのランナーの削除。
      • マシン上のセルフホストランナーアプリケーションの設定ファイルの削除。
      • インタラクティブモードで動作していないのであれば設定されているサービスの削除。
    • マシンにアクセスできない場合: [このランナーを強制的に削除する] をクリックして、GitHub Enterprise Server でこのランナーを強制的に削除するようにします。

Organizationからのランナーの削除

注:

  • この手順は、セルフホストランナーを恒久的に削除します。 一時的にランナーへのジョブの割り当てを停止するだけなら、そのマシンをシャットダウンするか、run アプリケーションを停止することができます。 ランナーは "Offline (オフライン)" 状態で割り当て済みのままになり、run アプリケーションを使ってランナーを再起動するまではジョブが実行されません。
  • セルフホスト ランナーは、GitHub Actions に 14 日以上接続されないと、GitHub Enterprise Server から自動的に削除されます。 エフェメラル セルフホストランナーは、GitHub Actions に 1 日以上接続されないと、GitHub Enterprise Server から自動的に削除されます。
  • Just-In-Time (JIT) ランナーは、1 つのジョブのみを実行できます。 JIT ランナーがジョブを実行しない場合は、自動的に削除されます。 自動削除の前に JIT ランナーを削除するには、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で JIT ランナーを削除する必要があります。

組織からセルフホストされたランナーを削除するには、組織の所有者。 セルフホストランナーのマシンへもアクセスできるようにしておくことをおすすめします。 REST API を使ってセルフホスト ランナーを削除する方法については、「セルフホステッド ランナーの REST API エンドポイント」をご覧ください。

あるいは、GitHub Enterprise Server 上のリポジトリ、組織、またはエンタープライズ へのランナーの削除のアクセス権がないものの、ランナー マシンを再利用したいのであれば、セルフホスト ランナー アプリケーション ディレクトリ(つまり、ランナーソフトウェアをダウンロードして解凍したディレクトリ)内の .runner ファイルを削除できます。 そうすれば、セルフホストランナーアプリケーションをダウンロードし直さなくても、ランナーを再登録できるようになります。

  1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で、Organization のメイン ページへ移動します。

  2. 組織名の下で、 [設定] をクリックします。 [設定] タブが表示されない場合は、 [] ドロップダウン メニューを選び、 [設定] をクリックします。

    組織のプロファイルのタブのスクリーンショット。 [設定] タブが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. 左のサイドバーで [アクション] をクリックしてから、 [ランナー] をクリックします。

  4. ランナーの一覧で、構成するランナーの名前をクリックします。

  5. [削除] をクリックします。

  6. セルフホストランナーの削除手順が表示されます。 ランナーがアクセスできる状態にあるかによって、ランナーを削除するための以下のステップのいずれかを実行してください。

    • ランナー マシンにアクセスできる場合: マシンのオペレーティング システムの画面上の指示に従い、削除コマンドを実行してください。 この指示には、必須のURLと自動的に生成された期間限定のトークンが含まれます。

      この削除コマンドは、以下のタスクを実行します。

      • GitHub Enterprise Serverからのランナーの削除。
      • マシン上のセルフホストランナーアプリケーションの設定ファイルの削除。
      • インタラクティブモードで動作していないのであれば設定されているサービスの削除。
    • マシンにアクセスできない場合: [このランナーを強制的に削除する] をクリックして、GitHub Enterprise Server でこのランナーを強制的に削除するようにします。

Enterprise からランナーを削除する

注:

  • この手順は、セルフホストランナーを恒久的に削除します。 一時的にランナーへのジョブの割り当てを停止するだけなら、そのマシンをシャットダウンするか、run アプリケーションを停止することができます。 ランナーは "Offline (オフライン)" 状態で割り当て済みのままになり、run アプリケーションを使ってランナーを再起動するまではジョブが実行されません。
  • セルフホスト ランナーは、GitHub Actions に 14 日以上接続されないと、GitHub Enterprise Server から自動的に削除されます。 エフェメラル セルフホストランナーは、GitHub Actions に 1 日以上接続されないと、GitHub Enterprise Server から自動的に削除されます。
  • Just-In-Time (JIT) ランナーは、1 つのジョブのみを実行できます。 JIT ランナーがジョブを実行しない場合は、自動的に削除されます。 自動削除の前に JIT ランナーを削除するには、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で JIT ランナーを削除する必要があります。

セルフホスト ランナーをエンタープライズから削除するには、エンタープライズ所有者である必要があります。 セルフホストランナーのマシンへもアクセスできるようにしておくことをおすすめします。 REST API を使用してセルフホスト ランナーを削除する方法については、GitHub Actions REST API のエンタープライズ エンドポイントを参照してください。

あるいは、GitHub Enterprise Server 上のリポジトリ、組織、またはエンタープライズ へのランナーの削除のアクセス権がないものの、ランナー マシンを再利用したいのであれば、セルフホスト ランナー アプリケーション ディレクトリ(つまり、ランナーソフトウェアをダウンロードして解凍したディレクトリ)内の .runner ファイルを削除できます。 そうすれば、セルフホストランナーアプリケーションをダウンロードし直さなくても、ランナーを再登録できるようになります。

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロフィール フォトをクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。

    GitHub Enterprise Server のプロファイル写真をクリックしたときに表示されるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [エンタープライズ設定] オプションが濃いオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  2. ページの左側にある Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ポリシー] をクリックします。

  3. ポリシー」で、[アクション] をクリックします。

  4. [Runners](ランナー) タブをクリックします。

  5. ランナーの一覧で、構成するランナーの名前をクリックします。

  6. [削除] をクリックします。

  7. セルフホストランナーの削除手順が表示されます。 ランナーがアクセスできる状態にあるかによって、ランナーを削除するための以下のステップのいずれかを実行してください。

    • ランナー マシンにアクセスできる場合: マシンのオペレーティング システムの画面上の指示に従い、削除コマンドを実行してください。 この指示には、必須のURLと自動的に生成された期間限定のトークンが含まれます。

      この削除コマンドは、以下のタスクを実行します。

      • GitHub Enterprise Serverからのランナーの削除。
      • マシン上のセルフホストランナーアプリケーションの設定ファイルの削除。
      • インタラクティブモードで動作していないのであれば設定されているサービスの削除。
    • マシンにアクセスできない場合: [このランナーを強制的に削除する] をクリックして、GitHub Enterprise Server でこのランナーを強制的に削除するようにします。