Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

GitHub の他のユーザに Issue およびPull Requestをアサインする

アサインされた人によって、誰が特定の Issue やPull Requestで作業しているかが明確になります。

Anyone with write access to a repository can assign issues and pull requests.

Issue およびPull Requestをアサインされた人について

自身、該当する Issue またはPull Requestにコメントした任意の人、リポジトリへの書き込み権限がある任意の人、およびリポジトリの読み取り権限がある Organization メンバーを含めて、複数人を各 Issue またはPull Requestにアサインできます。 詳細は「GitHub 上のアクセス権限」を参照してください。

パブリックリポジトリのIssue及びPull Request、そして有料アカウントのプライベートリポジトリでは、最大10人を割り当てできます。 無料プランのプライベートリポジトリでは、IssueあるいはPull Requestごとに1人に制限されます。

個別の Issue またはPull Requestを割り当てる

  1. GitHub Enterprise Serverインスタンスで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で IssuesあるいはPull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。 Issue とプルリクエストのタブの選択
  3. ユーザに割り当てる Issue またはPull Requestを開きます。
  4. Issue またはPull Requestに誰も割り当てられていない場合は、[assign yourself] をクリックして自分を割り当てます。 自分にアイテムを割り当てる
  5. 右メニューで、[Assignees] をクリックします。 アサインされた人のメニュー項目
  6. Issue またはPull Requestをユーザに割り当てるには、ユーザ名を入力し、表示された名前をクリックします。 Issue またはPull Requestには、最大で 10 人を選択してアサインできます。 Issue のアサインのドロップダウンメニュー

複数の Issue またはPull Requestを割り当てる

  1. GitHub Enterprise Serverインスタンスで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で IssuesあるいはPull requests(プルリクエスト)をクリックしてください。 Issue とプルリクエストのタブの選択
  3. 誰かにアサインしたいアイテムの隣のチェックボックスを選択してください。 Issue のメタデータチェックボックス
  4. 右上隅にある [Assign] をクリックします。
  5. アイテムをユーザにアサインするには、その人のユーザ名を入力し始め、その名前が表示されたらクリックします。 Issue またはPull Requestには、最大で 10 人を選択してアサインできます。 Issue のアサインのドロップダウンメニュー

参考リンク