Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Issue の作成

Issueは様々な方法で作成できるので、ワークフローで最も便利な方法を選択できます。

People with read access can create an issue in a repository where issues are enabled.

Issue は、バグ、拡張、その他リクエストの追跡に使用できます。 詳細は「Issue について」を参照してください。

リポジトリの管理者は、リポジトリのIssueを無効化できます。 詳細は「Issue を無効化する」を参照してください。

リポジトリからのIssueの作成

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で、クリックします Issues

Issues tab

  1. [New Issue] をクリックします。 [New Issue] ボタン
  2. リポジトリでIssueテンプレートが使われているなら、オープンしたいIssueの種類の隣にあるGet started(始める)をクリックしてください。 Select the type of issue you want to create あるいは、利用できる選択肢にオープンしたいIssueの種類が含まれていない場合は、Open a blank issue(空のIssueをオープン)をクリックしてください。 空白の Issue を開くリンク
  3. Issueのタイトルと説明を入力します。 サンプルのIssue
    1. プロジェクトのメンテナーは、Issueを誰かに割り当てたり、Issueをプロジェクトボードに追加したり、Issueをマイルストーンに関連づけたり、[ラベルを適用]](/articles/applying-labels-to-issues-and-pull-requests)したりできます。
  4. 完了したら、Submit new issue(新しいIssueをサブミット)をクリックしてください。

GitHub CLIでのIssueの作成

GitHub CLI は、コンピューターのコマンドラインから GitHub を使用するためのオープンソースツールです。 コマンドラインから作業しているときは、GitHub CLI を使用して時間を節約し、コンテキストの切り替えを回避できます。 GitHub CLIについて学ぶには、「GitHub CLIについて」を参照してください。

Issueを作成するには、gh issue createサブコマンドを使ってください。 対話的なプロンプトをスキップするには、--body及び--titleフラグを含めてください。

gh issue create --title "My new issue" --body "Here are more details."

アサインされる人、ラベル、マイルストーン、プロジェクトを指定することもできます。

gh issue create --title "My new issue" --body "Here are more details." --assignee @me,monalisa --label "bug,help wanted" --project onboarding --milestone "learning codebase"

コメントからのIssueの作成

IssueもしくはPull Requestのコメントから、新しいIssueをオープンできます。 コメントから開いたIssueには、コメントの元の投稿場所を示すスニペットが含まれています。

  1. Issueをオープンしたいコメントにアクセスしてください。
  2. そのコメントで、 をクリックします。 Pull Requestレビューコメントの三点ボタン
  3. [Reference in new issue] をクリックします。 [Reference in new issue] メニュー項目
  4. [Repository] ドロップダウンメニューで、開こうとするIssueがあるリポジトリを選択します。 新しいIssueの [Repository] ドロップダウン
  5. Issueのわかりやすいタイトルと本文を入力します。 新しいIssueのタイトルと本文
  6. [Create issue] をクリックします。 新しいIssueを作成するボタン
    1. プロジェクトのメンテナーは、Issueを誰かに割り当てたり、Issueをプロジェクトボードに追加したり、Issueをマイルストーンに関連づけたり、[ラベルを適用]](/articles/applying-labels-to-issues-and-pull-requests)したりできます。
  7. 完了したら、Submit new issue(新しいIssueをサブミット)をクリックしてください。

コードからのIssueの作成

コードの特定の行または複数の行から、ファイルまたはプルリクエストで Issue を開くことができます。 コードから Issue を開くと、Issue には選択した行またはコードの範囲を示すスニペットが含まれています。 Issue を開くことができるのは、コードを保存したのと同じリポジトリでだけです。

コードから開いた Issue で表示されるコードスニペット

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. Issue で参照したいコードを探します。
    • ファイルのコードに関する Issue を開くには、そのファイルに移動します。
    • プルリクエストのコードに関する Issue を開くには、そのプルリクエストに移動し、[Files changed] をクリックします。 そして、コメントに含めたいコードを持つファイルを探し、 View(ビュー)をクリックしてください。
  3. 1行を選択するか、範囲を選択するかを選んでください。
    • コードを1行選択するには、行番号をクリックしてその行をハイライトしてください。 コードが1行選択されたファイル
      • コードの範囲を選択するには、その範囲の先頭行の番号をクリックしてコードのその行をハイライトしてください。 そしてコードの範囲の最終行までポインタを移動させ、 Shiftを押し、行番号をクリックして範囲をハイライトしてください。 コードの範囲が選択されたファイル
  4. コード範囲の左で、 をクリックします。 ドロップダウンメニューで、[Reference in new issue] をクリックします。 選択した行から新しいIssueを開くオプションのある三点メニュー
  5. Issueのタイトルと説明を入力します。 サンプルのIssue
    1. プロジェクトのメンテナーは、Issueを誰かに割り当てたり、Issueをプロジェクトボードに追加したり、Issueをマイルストーンに関連づけたり、[ラベルを適用]](/articles/applying-labels-to-issues-and-pull-requests)したりできます。
  6. 完了したら、Submit new issue(新しいIssueをサブミット)をクリックしてください。

プロジェクトボードのノートからのIssueの作成

プロジェクトボードを使用して作業の追跡や優先順位付けをしている場合、プロジェクトボードの注釈を Issue に変換できます。 詳しい情報については、 「プロジェクトボードについて」と「プロジェクト ボードへのメモの追加」を参照してください。

URLクエリからのIssueの作成

Issueをオープンするのにクエリパラメータを利用できます。 クエリパラメータはカスタマイズ可能なURLのオプション部分で、GitHub上の検索フィルタの結果やIssueテンプレートといった特定のWebページビューを共有できます。 独自のクエリパラメータを作成するには、キーと値のペアをマッチさせなければなりません。

ヒント: デフォルトのラベル、割り当て、Issue のタイトルを持ってオープンされる Issue テンプレートを作成することもできます。 詳しい情報については「有益なIssueとPull Requestを促進するためのテンプレートの利用」を参照してください。

クエリパラメータを使うには、同等のアクションを行うための適切な権限を持っていなければなりません。 たとえばクエリパラメータのlabelsを使うには、Issueにラベルを追加する権限を持っていなければなりません。 詳しい情報については「Organizationのためのリポジトリロール」を参照してください。

クエリパラメータを使うのに不正なURLを作成したり、適切な権限を持っていなかったりした場合には、そのURLに対して404 Not Foundエラーページが返されます。 サーバーの限度を超えるURLを作成すると、そのURLは414 URI Too Longエラーページを返します。

クエリパラメータサンプル
titlehttps://github.com/octo-org/octo-repo/issues/new?labels=bug&title=New+bug+report は、"bug" というラベルと "New bug report" というタイトルを付けて Issue を作成します。
bodyhttps://github.com/octo-org/octo-repo/issues/new?title=New+bug+report&body=Describe+the+problem.は、"New bug report"というタイトルで、ボディに"Describe the problem"というコメントを持つIssueを作成します。
labelshttps://github.com/octo-org/octo-repo/issues/new?labels=help+wanted,bugは、"help wanted"及び"bug"というラベルを持つIssueを作成します。
マイルストーンhttps://github.com/octo-org/octo-repo/issues/new?milestone=testing+milestones は、"testing milestones" というマイルストーンを持たせて Issue を作成します。
assigneeshttps://github.com/octo-org/octo-repo/issues/new?assignees=octocat は、Issue を作成して @octocat に割り当てます。
projectshttps://github.com/octo-org/octo-repo/issues/new?title=Bug+fix&projects=octo-org/1 は、"Bug fix" というタイトルを付けて Issue を作成し、それを Organization のプロジェクトボード 1 に追加します。
templatehttps://github.com/octo-org/octo-repo/issues/new?template=issue_template.md は、ボディにテンプレートを付けて Issue を作成します。 templateクエリパラメータは、ルート内のISSUE_TEMPLATEサブディレクトリ、リポジトリ内のdocs/あるいは.github/ディレクトリに保存されたテンプレートで動作します。 詳しい情報については「有益なIssueとPull Requestを促進するためのテンプレートの利用」を参照してください。

参考リンク