Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

GitHub がサポートする Subversion プロパティ

GitHub Enterprise Server 上の既存の機能に類似したいくつかの Subversion ワークフローやプロパティがあります。

Executable files (svn:executable)

Git リポジトリに追加する前に、ファイルモードを直接更新することで、svn:executable プロパティを変換します。

MIME types (svn:mime-type)

GitHub Enterprise Serverは、ファイルの MIME タイププロパティ、およびそれを追加したコミットを追跡します。

Ignoring unversioned items (svn:ignore)

Subversion で無視されるようにファイルとディレクトリを設定している場合、GitHub Enterprise Server はそれらを内部的に追跡します。 Subversion のクライアントで無視されたファイルは、.gitignore ファイルのエントリとは全く別のものです。

現在サポートされていないプロパティ

現在は、GitHub Enterprise Server は、svn:externalssvn:global-ignores、カスタムプロパティ、その他上記にないプロパティをサポートしていません。