コマンドラインを使用してファイルをリポジトリに追加する

コマンドラインを使って、既存のファイルを GitHub Enterprise Serverのリポジトリにアップロードできます。

この手順は、以下が済んでいることを前提としています。

警告: リモートリポジトリには、決してセンシティブな情報をgit addcommitpushしないでください。 センシティブな情報には以下が含まれますが、以下に限定はされません。

詳細は「センシティブなデータをリポジトリから削除する」を参照してください。

  1. 自分のコンピュータ上で、GitHub Enterprise Serverにアップロードしたいファイルを、リポジトリをクローンした際に作成したローカルディレクトリに移動します。
  2. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。
  3. ワーキングディレクトリをローカルのリポジトリに変更します。
  4. コミットに備えてローカルリポジトリにファイルをステージングしてください。
    $ git add .
    # ファイルをローカルリポジトリに追加し、コミットするためにステージします。 ファイルをステージから降ろすには、'git reset HEAD YOUR-FILE' を使います。
  5. ローカルリポジトリでステージングしたファイルをコミットしてください。
    $ git commit -m "Add existing file"
    # 追跡された変更をコミットし、リモートリポジトリへのプッシュに備えます。 このコミットを削除してファイルを変更するには、'git reset --soft HEAD~1' を使い、コミットしてからファイルを再度追加してください。
  6. GitHub Enterprise Serverのインスタンス へ、ローカルリポジトリの変更をプッシュします。
    $ git push origin your-branch
    

originとして指定したリモートリポジトリにローカルリポジトリの変更をプッシュ

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡