ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ステージングインスタンスのセットアップ

変更が your GitHub Enterprise Server instance に適用される前に、ステージングインスタンスを使用して変更をテストできます。 たとえば、ステージングインスタンスを使用すれば、GitHub Enterprise Server の新しい更新をテストしたり、移行データのインポートを練習したりできます。

Tip: ステージングインスタンスをプロダクションで利用しないのであれば、既存のGitHub Enterpriseライセンスファイルを再利用できます。

GitHub Enterprise Server アプライアンスを徹底的にテストするには、それとやりとりする外部システムを検討する必要があります。 テストを検討するためのいくつかの要因は次のとおりです:

  • 認証。特に外部の認証プロバイダを使っている場合
  • 外部のチケットシステムとの統合
  • 継続的インテグレーションサーバとの統合
  • the GitHub Enterprise Server APIsを利用する外部のスクリプトあるいはソフトウェア
  • メール通知のための外部のSMTPサーバ
  1. GitHub Enterprise Serverバックアップユーティリティを使って本番インスタンスをバックアップしてください。 詳細は「アプライアンスでバックアップを設定する」の「GitHub Enterprise Serverバックアップユーティリティ について」セクションを参照してください。
  2. 新しいインスタンスをステージング環境として動作するようにセットアップしてください。 ステージングインスタンスのプロビジョニングとインストールについては、本番インスタンスと同じガイドが利用できます。 詳細は「GitHub Enterprise Serverインスタンスをセットアップする」を参照してください。
  3. バックアップをステージングインスタンスにリストアしてください。 詳しい情報については "アプライアンスでのバックアップの設定"の"バックアップのリストア"セクションを参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.