ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2021-06-09. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

VMware で GitHub Enterprise Server をインストールする

GitHub Enterprise Server を VMware にインストールするには、VMware vSphere クライアントをダウンロードしてから、GitHub Enterprise Server ソフトウェアをダウンロードしてデプロイする必要があります。

ここには以下の内容があります:

必要な環境

  • GitHub Enterpriseのライセンスファイルを持っていなければなりません。 既存のライセンスファイルをダウンロードするか、トライアルライセンスをリクエストするには、enterprise.github.comにアクセスしてください。 詳しい情報については「GitHub Enterpriseライセンスの管理」を参照してください。
  • your GitHub Enterprise Server instanceを動作させるベアメタルマシンに適用されたVMware vSphere ESXi Hypervisorが必要です。 バージョン 5.5 から 6.7 までをサポートしています。 ESXi Hypervisor は無料で、オプションの vCenter Server は含まれていません。 詳しい情報については、VMware ESXiのドキュメンテーションを参照してください。
  • vSphere Clientへのアクセスが必要です。 vCenter Serverがあるなら、vSphere Web Clientが利用できます。 詳しい情報については、VMWareのガイド "vSphere Web Client を使用した、vCenter Server へのログイン"を参照してください。

ハードウェアについて

最小要件

your GitHub Enterprise Server instanceのユーザライセンス数に応じた様々なハードウェア構成をおすすめします。 最小要件以上のリソースを提供すれば、インスタンスのパフォーマンスとスケーラビリティは向上します。

ユーザライセンスvCPUsメモリアタッチされたストレージルートストレージ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ216 GB100 GB200 GB
10-3000432 GB250 GB200 GB
3000-5000864 GB500 GB200 GB
5000-80001296 GB750 GB200 GB
8000-10000+16128 GB1000 GB200 GB

既存のインスタンスのリソース調整に関する詳しい情報については「ストレージ容量の増加」及び「CPUあるいはメモリリソースの増加」を参照してください。

ストレージ

GitHub Enterprise Serverには、高い秒あたりの入出力操作(IOPS)と低いレイテンシを持つ高性能なSSDをおすすめします。 ワークロードはI/O集中的です。 ベアメタルのハイパーバイザを使用するなら、直接アタッチされたディスクか、ストレージエリアネットワーク(SAN)からのディスクを利用することをおすすめします。

インスタンスには、ルートディスクとは別の永続化用のデータディスクが必要です。 詳しい情報については「システムの概要」を参照してください。

新しいインスタンスを構築するか、既存のインスタンスを利用して、インスタンスのルートディスクのサイズを変更できます。 詳しい情報については「ストレージ容量の増加」を参照してください。

CPU及びメモリ

GitHub Enterprise Serverが必要とするCPU及びメモリリソースは、ユーザ、自動化、インテグレーションのアクティビティのレベルによります。

CPUリソースを増やす場合、インスタンスにプロビジョニングする各vCPUごとに少なくとも6.5GBのメモリを追加する(最大16vCPUまで)ことをおすすめします。 16以上のvCPUを使う場合は、各vCPUごとに6.5GBのメモリを追加する必要はありませんが、インスタンスが十分なメモリを持っているかをモニターするべきです。

警告: GitHub Enterprise Server上の外部システムのアクティビティを通知するwebhookイベントを設定することを、ユーザにおすすめします。 変更の自動化されたチェック、あるいはポーリングは、インスタンスのパフォーマンスとスケーラビリティに悪影響を与えます。 詳しい情報については「webhookについて」を参照してください。

GitHub Enterprise Serverのキャパシティとパフォーマンスのモニタリングに関する詳しい情報については「アプラインアンスのモニタリング」を参照してください。

インスタンスのCPUあるいはメモリリソースは増やすことができます。 詳しい情報については、「CPU またはメモリリソースを増やす」を参照してください。

GitHub Enterprise Server イメージをダウンロードする

  1. GitHub Enterprise Serverのダウンロードページにアクセスしてください。
  2. ライセンスファイルをダウンロードするにはDownload license(ライセンスのダウンロード)をクリックしてください。
  3. Get the latest release of GitHub Enterprise Server (GitHub Enterprise Server の最新リリースを入手) をクリックします。
  4. GitHubオンプレミスを選択し、VMware ESXi/vSphere (OVA)をクリックしてください。
  5. Download for VMware ESXi/vSphere (OVA)をクリックしてください。

GitHub Enterprise Server インスタンスを作成する

インスタンスを作成するには、GitHub Enterprise Server のイメージを仮想マシンにインポートし、インスタンスのデータ用に追加のストレージボリュームをアタッチしなければなりません。 詳細は「ハードウェアについて」を参照してください。

  1. vSphere Windows Client または vCenter Web Client を使用して、ダウンロードした GitHub Enterprise Server イメージをインポートします。 詳しい情報については、VMware ガイドの「Deploy an OVF or OVA Template 」を参照してください。
    • データストアを選択する際には、VMのディスクをホストするのに十分な領域があるものを選択してください。 インスタンスサイズに応じた最小の推奨ハードウェア仕様については「ハードウェアについて」を参照してください。 lazy zeroing のシックプロビジョニングをお勧めします。
    • Power on after deploymentのチェックは外したままにしておいてください。これは、VMをプロビジョニングした後にリポジトリデータのためのアタッチされたストレージボリュームを追加する必要があるためです。
  2. インスタンスデータ用にアタッチされるストレージボリュームとして使うための新しい仮想ディスクを作成し、サイズをユーザライセンス数に基づいて設定してください。その方法については、VMWareのガイド "仮想マシンへの新しいハード ディスクの追加"を参照してください。

GitHub Enterprise Server インスタンスを設定する

  1. 仮想マシンのパブリックDNS名をコピーして、Webブラウザに貼り付けてください。
  2. プロンプトでライセンスファイルをアップロードし、管理コンソールのパスワードを設定してください。 詳しい情報については「GitHub Enterpriseライセンスの管理」を参照してください。
  3. Management Consoleで、希望する設定を行って保存してください。詳しい情報については、「GitHub Enterprise Server アプライアンスを設定する」を参照してください。
  4. インスタンスは自動的に再起動します。
  5. Visit your instance(インスタンスへのアクセス)をクリックしてください。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.