Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

GitHub Sponsors アカウントを無効にする

今後 GitHub Sponsors に参加しない場合は、GitHub Sponsors アカウントを無効にすることができます。

スポンサーシップの支払いを受け取っている場合は、GitHub Support に連絡して GitHub Sponsors アカウントを無効にする必要があります。

スポンサーがいない場合は、GitHub で GitHub Sponsors アカウントを無効にすることができます。

GitHub Sponsors アカウントを再度作成する場合は、再申請する必要があります。

または、スポンサープロファイルを非公開にしてから、再申請せずにアカウントを再公開することもできます。 詳しくは、「GitHub Sponsors のプロフィールを非公開にする」を参照してください。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に [スポンサー] をクリックします。

    [プロファイル] オプション ドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [あなたのスポンサー] という 1 つのオプションが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. スポンサーと適格なアカウントのリストが表示されているなら、管理したいアカウントの右で [ダッシュボード] をクリックしてください。 1. 左側のサイドバーで、 [設定] をクリックします。 Settings tab

  3. [GitHub Sponsors アカウントを無効にする] セクションで、 [アカウントの無効化] をクリックします。

  4. 確認するには、 [GitHub Sponsors アカウントを無効にする] をクリックします。