Skip to main content

スポンサードアカウントでイベントに webhook を設定する

新しいスポンサーシップを受領したとき、または既存のスポンサーシップに変更があったときにアラートがあるように webhook を設定することができます。

スポンサードアカウントでのイベントの webhook について

支払い期間の終了に伴うキャンセルなど、スポンサーシップに対する変更を監視するために、スポンサードユーザまたはスポンサード Organization のアカウントに webhook を作成できます。 スポンサードアカウントに webhook を設定すると、スポンサーシップが作成、編集、削除されたときにアップデートを受け取れます。 詳細は、スポンサーシップwebhook イベントを参照してください。

スポンサードアカウントでイベントの webhook を管理する

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour sponsors(スポンサー)をクリックしてください。 GitHub Sponsorsボタン
  2. スポンサー付きの適格なアカウントのリストが表示されているなら、管理したいアカウントの右でDashboard(ダッシュボード)をクリックしてください。 開発者スポンサーダッシュボードボタン
  3. 左のサイドバーでWebhooksをクリックしてください。 webhookタブ
  4. Add webhook(webhookの追加)をクリックしてください。 [Webhooks] サイドバーの [Add webhook] ボタン
  5. ペイロード URL を入力し、必要な場合は設定をカスタマイズします。 詳しい情報については「webhook を作成する」を参照してください。 ペイロード URL やその他カスタマイズオプションのフィールド
  6. "Content type(コンテントタイプ)"の下で、受信したいデータフォーマットを選択してください。 詳しい情報については「webhookの作成」を参照してください。 webhookのフォーマットのメニュー
  7. シークレットトークンを入力してください。 詳しい情報については「webhookをセキュアにする」を参照してください。 シークレットトークンと他のカスタマイズのオプションのフィールド
  8. SponsorshipEventの更新を受信するには、Active(アクティブ)を選択してください。 アクティブなイベントの選択
  9. Create webhook(webhookの作成)をクリックしてください。 Webhookサイドバー内のwebhook作成ボタン
  10. 既存のwebhookを編集するにはEdit(編集)をクリックしてください。 既存のwebhookを削除するにはDelete(削除)をクリックしてください。 webhookを管理するためのボタン