Skip to main content

GitHub Importer でリポジトリをインポートする

注: 別のバージョン管理システムでホストされているプロジェクトがある場合、GitHub Importerツール を使用して、GitHub に自動的にインポートできます。

GitHub Importerによるリポジトリのインポートについて

GitHub Importer は、すべてのインポートに適しているわけではありません。 たとえば、既存のコードがプライベート ネットワークにホストされている場合、GitHub Importer はそれにアクセスできません。 このような場合、Git リポジトリであればコマンドラインを使用したインポート、他のバージョン管理システムからインポートするプロジェクトであれば外部のソース コード移行ツールをお勧めします。

警告: GitHub インポーターを使用した Mercurial、Subversion、Team Foundation バージョン管理 (TFVC) リポジトリのインポートのサポートは、2024 年 4 月 12 日に終了します。 詳細については、変更ログ を参照してください。

インポート中にリポジトリ内のコミットを作者のGitHub個人アカウントと一致させたい場合は、インポートを開始する前に、リポジトリへのすべての貢献者がGitHubアカウントを持っていることを確認してください。

リポジトリと個々のファイルには、サイズの制限があります。 詳細については、「GitHub での大きいファイルについて」を参照してください

他の製品から GitHub への移行のパス、または GitHub 製品間の移行のパスの詳細については、「GitHub への移行パス」を参照してください。

GitHub Importer を使用したリポジトリのインポート

GitHub Importer を使用してリポジトリをインポートすると、新しいリポジトリが作成されます。 使用したい既存のリポジトリが既にある場合は、代わりに Git を使用してローカル リポジトリを GitHub に追加できます。 詳しくは、「ローカルでホストされているコードを GitHub に追加する」を参照してください。

  1. ページの右上隅で をクリックし、 [リポジトリのインポート] をクリックします。

    GitHub の任意のページの右上隅のスクリーンショット。 プラス アイコンがオレンジ色の枠線で強調されています。

  2. [Your old repository's clone URL] に、インポートするプロジェクトの URL を入力します。

  3. [所有者] のドロップダウン メニューを選び、個人用アカウントまたはリポジトリを所有する組織をクリックします

  4. [名前] の下 に、GitHub のリポジトリの名前を入力します。

  5. [プライバシー] で、リポジトリの可視性を選びます。 詳しくは、「リポジトリの可視性を設定する」を参照してください。

  6. 入力した情報を確認してから、 [インポートの開始] をクリックします。

  7. 古いプロジェクトで資格情報が必要な場合は、そのプロジェクトのログイン情報を入力します。 古いプロジェクトでユーザー アカウントに対して SAML SSO または 2FA が有効になっている場合は、[パスワード] フィールドに、パスワードではなく、リポジトリの読み取りアクセス許可を持つ personal access token を入力します。

  8. [送信] をクリックします。

  9. 古いプロジェクトのクローン URL で複数のプロジェクトがホストされている場合は、インポートするプロジェクトを選んでから [送信] をクリックします。

  10. Git 以外のバージョン コントロール システムから移行し、プロジェクトに 100 MB を超えるファイルが含まれる場合は、Git Large File Storage を使って大きいファイルをインポートするかどうかを選んでから、 [続行] をクリックします。

リポジトリのインポートが完了すると、メールが届きます。