デプロイメント履歴の表示

リポジトリの現在と過去のデプロイメントの表示。

GitHub Actions及び環境、もしくはREST APIとサードパーティのアプリケーションを通じて、デプロイメントを配信できます。 GitHub Actionsに関する詳しい情報については「GitHub Actions」を参照してください。 REST APIでのデプロイメントに関する詳しい情報については、「リポジトリ」を参照してください。

現在及び過去のデプロイメントを表示するには、リポジトリのホームページの Environments(環境)をクリックしてください。

Environments

デプロイメントページは、リポジトリの各環境の最新のアクティブなデプロイメントを表示します。 デプロイメントに環境のURLが含まれるなら、そのURLにリンクする"View deployment(環境の表示)"ボタンがデプロイメントの隣に表示されます。

アクティビティログは、環境のデプロイメントの履歴を表示します。 デフォルトでは、環境の最新のデプロイメントだけがActiveステータスを持ち、すべての過去にアクティブだったデプロイメントはInactiveステータスを持ちます。 デプロイメントの自動的な非アクティブ化に関する詳しい情報については「デプロイメントの非アクティブ化」を参照してください。

また、REST APIを使ってデプロイメントに関する情報を取得することもできます。 詳しい情報については「リポジトリ」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡