OAuth Appアクセストークンのリクエストエラーのトラブルシューティング

アクセストークンのコードを交換する場合、発生しうるエラーが増えます。 これらのレスポンスのフォーマットは、渡したacceptヘッダによって決まります。

注釈: この例ではJSONのレスポンスのみ示しています。

不正なクライアント認識情報

渡した client_id や client_secret が正しくない場合は、以下のエラーレスポンスを受け取ります。

{
  "error": "incorrect_client_credentials",
  "error_description": "The client_id and/or client_secret passed are incorrect.",
  "error_uri": "/apps/managing-oauth-apps/troubleshooting-oauth-app-access-token-request-errors/#incorrect-client-credentials"
}

このエラーを解決するには、OAuth App の正しい認証情報を持っているかを確認します。 client_idclient_secret が間違っていないか、また GitHub に正しく渡されているかを再確認してください。

リダイレクトURIの不一致

指定した redirect_uri が OAuth App で登録したものと一致しない場合、次のエラーメッセージが表示されます。

{
  "error": "redirect_uri_mismatch",
  "error_description": "The redirect_uri MUST match the registered callback URL for this application.",
  "error_uri": "/apps/managing-oauth-apps/troubleshooting-authorization-request-errors/#redirect-uri-mismatch2"
}

このエラーを修正するには、登録したものと一致するredirect_uriを指定するか、アプリケーションで登録されているデフォルトのURIを使用するためパラメータを省略します。

不正な検証コード

{
  "add_scopes": [
    "repo"
  ],
  "note": "admin script"
}

渡した検証コードが間違っている、有効期限切れ、または最初の認可リクエストで受け取ったものと一致しない場合、このエラーを受信します。

{
  "error": "bad_verification_code",
  "error_description": "The code passed is incorrect or expired.",
  "error_uri": "/apps/managing-oauth-apps/troubleshooting-oauth-app-access-token-request-errors/#bad-verification-code"
}

この問題を解決するには、OAuth Appの認可のプロセスを再び開始し、新しいコードを取得します。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡