Skip to main content

Authenticating to GitHub

You can securely access your account's resources on GitHub Desktop by authenticating to GitHub.

About authentication

To keep your account secure, you must authenticate before you can use GitHub Desktop to access resources on GitHub.

Before you authenticate, you must already have an account on GitHub.com.

  • For more information on creating an account on GitHub.com account, see "Signing up for a new GitHub account".
  • For a GitHub Enterprise account, contact your GitHub Enterprise site administrator.

Authenticating an account on GitHub

  1. メニュー バーの [GitHub Desktop] ドロップダウン メニューで、 [Preferences](環境設定) をクリックします。 [GitHub Desktop] ドロップダウン メニューの [Preferences](環境設定) 値

  2. [Preferences](環境設定) ウィンドウで、 [Accounts] (アカウント) を選択します。 [Preferences](環境設定) ウィンドウの [Accounts](アカウント) ペイン

  3. To the right of "GitHub.com," click Sign In. The Sign In button for GitHub

  4. [Sign in Using Your Browser](ブラウザーを使用してサインイン) ペインで、 [Continue With Browser](ブラウザーで続行) をクリックします。 GitHub Desktop はデフォルトのブラウザを開きます。 [Sign in using your browser](ブラウザーを使用してサインイン) リンク

  5. GitHub に対して認証するには、自分の GitHub.com の資格情報を入力し、 [Sign in](サインイン) をクリックします。 ブラウザーでの GitHub の [Sign in](サインイン) ボタン

    あるいは、すでにGitHubにサインインしているなら、プロンプトに従ってGitHub Desktopに戻り、認証を完了させてください。

  6. GitHubで2要素認証(2FA)を設定したなら、以下のいずれかを行ってください。

    • SMS経由の2 要素認証をセットアップしたなら、SMSメッセージから2 要素認証コードを取得してください。
    • TOTPアプリケーションで2 要素認証をセットアップしたなら、2 要素認証コードを生成してください。

    続いて 2 要素認証コードを GitHub のプロンプトに入力し、 [Verify] (確認) をクリックしてください。 2 要素認証の認証コード フィールド

  7. After GitHub authenticates your account, follow the prompts to return to GitHub Desktop.

Authenticating an account on GitHub Enterprise Server

  1. メニュー バーの [GitHub Desktop] ドロップダウン メニューで、 [Preferences](環境設定) をクリックします。 [GitHub Desktop] ドロップダウン メニューの [Preferences](環境設定) 値

  2. [Preferences](環境設定) ウィンドウで、 [Accounts] (アカウント) を選択します。 [Preferences](環境設定) ウィンドウの [Accounts](アカウント) ペイン

  3. [GitHub Enterprise サーバー] の右の [Sign In] (サインイン) をクリックしてください。 GitHub Enterprise Server のサインイン ボタン

  4. To add an account on your GitHub Enterprise Server instance, type the URL for your instance under "Enterprise address," then click Continue. The Sign In button for GitHub Enterprise

  5. [Sign in Using Your Browser](ブラウザーを使用してサインイン) ペインで、 [Continue With Browser](ブラウザーで続行) をクリックします。 GitHub Desktop はデフォルトのブラウザを開きます。 [Sign in using your browser](ブラウザーを使用してサインイン) リンク

  6. To authenticate to your GitHub Enterprise Server instance account, type your account credentials and click Sign in. The Sign In button for GitHub Enterprise Server in browser

    Alternatively, if you were already signed in to your GitHub Enterprise Server instance account, follow the prompts to return to GitHub Desktop to finish authenticating.

Authenticating an account on GitHub

  1. [ファイル] メニューを使用し、 [オプション] をクリックします。 [設定] ドロップダウン メニューのオプションの値

  2. [オプション] ウィンドウで [アカウント] を選択します。 [オプション] ウィンドウの [アカウント] ペイン

  3. To the right of "GitHub.com," click Sign in. The Sign In button for GitHub

  4. [Sign in Using Your Browser](ブラウザーを使用してサインイン) ペインで、 [Continue With Browser](ブラウザーで続行) をクリックします。 GitHub Desktop はデフォルトのブラウザを開きます。 [Sign in using your browser](ブラウザーを使用してサインイン) リンク

    警告: ユーザー名とパスワードで GitHub の認証を受けることは、サポートされていません。 代わりにブラウザーで認証を受けることをお勧めします。

  5. GitHub に対して認証するには、自分の GitHub.com の資格情報を入力し、 [Sign in](サインイン) をクリックします。 ブラウザーでの GitHub の [Sign in](サインイン) ボタン

    あるいは、すでにGitHubにサインインしているなら、プロンプトに従ってGitHub Desktopに戻り、認証を完了させてください。

  6. GitHubで2要素認証(2FA)を設定したなら、以下のいずれかを行ってください。

    • SMS経由の2 要素認証をセットアップしたなら、SMSメッセージから2 要素認証コードを取得してください。
    • TOTPアプリケーションで2 要素認証をセットアップしたなら、2 要素認証コードを生成してください。

    続いて 2 要素認証コードを GitHub のプロンプトに入力し、 [Verify] (確認) をクリックしてください。 2 要素認証の認証コード フィールド

  7. After GitHub authenticates your account, follow the prompts to return to GitHub Desktop.

Authenticating an account on GitHub Enterprise

  1. [ファイル] メニューを使用し、 [オプション] をクリックします。 [設定] ドロップダウン メニューのオプションの値

  2. [オプション] ウィンドウで [アカウント] を選択します。 [オプション] ウィンドウの [アカウント] ペイン

  3. [GitHub Enterprise サーバー] の右の [Sign In] (サインイン) をクリックしてください。 GitHub Enterprise Server のサインイン ボタン

  4. To add a GitHub Enterprise account, type your credentials under "Enterprise address," then click Continue. The Sign In button for GitHub Enterprise

  5. GitHub Enterprise 用に 2 要素認証を設定したなら、以下のいずれかを行ってください。

    • SMS経由の2 要素認証をセットアップしたなら、SMSメッセージから2 要素認証コードを取得してください。
    • TOTPアプリケーションで2 要素認証をセットアップしたなら、2 要素認証コードを生成してください。

    続いて 2 要素認証コードを GitHub Desktop のプロンプトに入力し、 [サインイン] をクリックしてください。 2 要素認証の認証コード フィールド

Troubleshooting authentication issues

If GitHub Desktop encounters an authentication error, you can use error messages to troubleshoot.

If you encounter an authentication error, first try signing out and signing back in to your account on GitHub Desktop.

For some errors, GitHub Desktop will prompt you with an error message. If you are not prompted, or to find more information about any error, view the GitHub Desktop log files by using the following steps.

  1. Use the Help drop-down menu and click Show Logs in Finder. The Show Logs in Finder button
  2. Select the log file from the date when you encountered the authentication error.
  1. Use the Help drop-down menu and click Show Logs in Explorer. The Show Logs in Explorer button
  2. Select the log file from the date when you encountered the authentication error.

Review the troubleshooting information below for the error message that you encounter.

Bad credentials

Error: Bad credentials

This error means that there is an issue with your stored account credentials.

To troubleshoot, sign out of your account on GitHub Desktop and then sign back in.

Empty token

info: [ui] [AppStore.withAuthenticatingUser] account found for repository: node - USERNAME (empty token)

This error means that GitHub Desktop is unable to find the access token that it created in the system keychain.

To troubleshoot, sign out of your account on GitHub Desktop and then sign back in.

Repository not found

fatal: repository 'https://github.com//.git' not found

(The error was parsed as 8: The repository does not seem to exist anymore. You may not have access, or it may have been deleted or renamed.)

This error means that you do not have permission to access the repository that you are trying to clone.

To troubleshoot, contact the person in your organization who administers permissions.

Could not read from remote repository

git@github.com: Permission denied (publickey).
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights and the repository exists.

This error means that you do not have a valid SSH key set up.

To troubleshoot, see "Generating a new SSH key and adding it to the SSH agent."

Failed to clone

fatal: clone of 'git@github.com:/' into submodule path '' failed
Failed to clone 'src/github.com//'. Retry scheduled
Cloning into ''...
git@github.com: Permission denied (publickey).
fatal: Could not read from remote repository.
Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.

This error means that either the repository that you are trying to clone has submodules that you do not have access to or you do not have a valid SSH key set up.

If you do not have access to the submodules, troubleshoot by contacting the person who administers permissions for the repository.

If you do not have a valid SSH key set up, see "Generating a new SSH key and adding it to the SSH agent."

Unable to read AskPass response

error: unable to read askpass response from '/Users//GitHub Desktop.app/Contents/Resources/app/static/ask-pass-trampoline.sh'
fatal: could not read Username for 'https://github.com': terminal prompts disabled

This error can be caused by multiple events.

If the Command Processor registry entries are modified, GitHub Desktop will respond with an Authentication failed error. To check if these registry entries have been modified, follow these steps.

  1. Open the Registry Editor (regedit.exe) and navigate to the following locations. HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Command Processor\ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Command Processor\
  2. Check to see if there is an Autorun value in either location.
  3. If there is an Autorun value, delete it.

If your Windows username has extended Unicode characters, it may cause an AskPass response error. To troubleshoot, create a new Windows user account and migrate your files to that account. For more information, see "Create a user account in Windows" in the Microsoft documentation.

Further reading