👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ブランチの同期

GitHubにあるプロジェクトにコミットをプッシュしていくと、ローカルコピーをリモートリポジトリと同期させることができます。

ここには以下の内容があります:

探していたものは見つけられましたか?

最初にブランチを作成して以降追加されたコミットを、取得するには、ローカルブランチをリモートリポジトリと同期する必要があります。

ローカルブランチの更新方法

  1. GitHub Desktopで、Current Branchをクリックし、リストからブランチを選択して更新するローカルブランチに切り替えます。
  2. ブランチを更新するにはFetch originをクリックします。
    Fetch originボタン
  3. リモートブランチにコミットがある場合、[Pull origin] または [Pull origin with rebase] をクリックすることでそれらをプルできます。
    [Pull origin] ボタン
  4. テキストエディタ、コマンドライン、または他のツールなどの好みの方法で、マージコンフリクトがあれば解決してください。

プロジェクトブランチへの他のブランチのマージ方法

  1. アプリケーションの上部で Current Branch(現在のブランチ)をクリックしてください。

    現在のブランチのドロップダウンメニュー

  2. Choose a branch to merge into BRANCH(BRANCHにマージするブランチの選択)をクリックしてください。

    ブランチメニューのリスト中のブランチの選択

  3. 現在のブランチのマージしたいブランチをクリックし、Merge BRANCH into BRANCH(ブランチにブランチをマージ)をクリックしてください。

    注釈:マージコンフリクトがある場合、GitHub DesktopはMerge BRANCH into BRANCHボタンの上に警告を表示します。 全てのコンフリクトを解決するまではブランチをマージすることはできません。

    Mergeボタン

  4. Push origin(originのプッシュ)もしくはForce push origin(originのフォースプッシュ)をクリックして、変更をリモートへプッシュしてください。

    プッシュボタン

プロジェクトブランチを他のブランチにリベースする

ワークフローによっては、マージではなくリベースが必要または役立つ場合があります。 リベースすることで、コミットの順序を変更したり、編集したり、まとめて squash したりできます。 詳細は「Git のリベースについて」を参照してください。

  1. [Branch] ドロップダウンメニューで、[Rebase Current Branch] をクリックします。
    ブランチのドロップダウンメニューにある [Rebase Current Branch]
  2. 現在のブランチにリベースしたいブランチをクリックし、[Start rebase] をクリックします。
    [Start rebase] ボタン
  3. リベースしたい場合は、[Begin rebase] をクリックします。
    [Begin rebase] ボタン
  4. テキストエディタ、コマンドライン、または他のツールなどの好みの方法で、マージコンフリクトがあれば解決してください。
  5. ローカルの変更をプッシュするには、[Force push origin] をクリックします。
    [Force push origin]

探していたものは見つけられましたか?

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください