Skip to main content

コミットの打ち消し

特定のコミットを打ち消して、その変更をブランチから取り除くことができます。

コミットを打ち消しすると、打ち消し自体もコミットになります。 元のコミットもリポジトリの履歴に残ります。

ヒント: 複数のコミットを元に戻す場合、最新のコミットから最も古いコミットの順に元に戻すことをお勧めします。 別の順番でコミットを打ち消しすると、マージコンフリクトが発生する場合があります。

  1. [History] (履歴) をクリックします。 サイドバーで選択されている [History](履歴) タブ 1. 元に戻そうとするコミットを右クリックし、 [Revert Changes in Commit](コミットの変更を元に戻す) をクリックします。 差分ビューの上にある [Revert](元に戻す) オプション
  1. [History] (履歴) をクリックします。 サイドバーで選択されている [History](履歴) タブ 1. 元に戻そうとするコミットを右クリックし、 [Revert Changes in Commit](コミットの変更を元に戻す) をクリックします。 差分ビューの上にある [Revert](元に戻す) オプション