Skip to main content

GitHub に変更をプッシュする

プロジェクトへの変更をローカルにコミットするときに、それらの変更を GitHub にプッシュして、他の人がリモートリポジトリから変更にアクセスできるようにすることができます。

Who can use this feature

People with write permissions can push changes to a repository.

GitHub への変更のプッシュについて

変更をプッシュすると、ローカルリポジトリ内のコミットされた変更が GitHub のリモートリポジトリに送信されます。 プロジェクトをローカルで変更し、他のユーザが変更にアクセスできるようにするには、変更を GitHub にプッシュする必要があります。

変更をプッシュする前に、ローカルブランチを更新して、リモートリポジトリに追加されたコミットを含める必要があります。 ローカルブランチ上にないリモートで誰かがコミットを行った場合、GitHub Desktop は、マージコンフリクトを避けるために変更をプッシュする前に、新しいコミットをフェッチするように求めます。 詳細については、「ブランチの同期」を参照してください。

リポジトリ管理者は、ブランチの保護を有効化できます。 保護されたブランチで作業しているなら、ブランチを削除したり、ブランチにフォースプッシュしたりすることはできません。 リポジトリ管理者は、他の保護されたブランチの設定を有効化して、ブランチがマージできるようになる前に特定のワークフローを強制することができます。 詳細については、「保護されたブランチについて」を参照してください。

GitHub への変更をプッシュする

注: GitHub Desktop は、一定の制限を超えるとプッシュを拒否します。

  • プッシュに 100 MB を超える大きなファイルが含まれている。
  • プッシュの合計サイズが 2 GB を超えている。

大きなファイルを追跡するように Git Large File Storage を設定すると、通常は拒否される大きなファイルをプッシュできます。 詳細については、「Git Large File Storage および GitHub Desktop について」を参照してください。

  1. [Push origin](オリジンへプッシュ) をクリックして、ローカルの変更をリモート リポジトリにプッシュします。 [プッシュ] ボタン
  2. GitHub Desktop から、新しいコミットをリモートからフェッチするように求められたら、 [フェッチ] をクリックします。 [フェッチ] ボタン
  3. 必要に応じて、 [pull request の作成] をクリックして pull request を開き、変更を共同で行います。 詳細については、「Issue またはプル リクエストを作成する」を参照してください。[pull request の作成] ボタン

参考資料