ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Desktopを介してのGitHubへの既存プロジェクト追加

GitHub Desktopを使用して、GitHubに既存のGitリポジトリを追加できます。

Did this doc help you?

  1. コマンドラインを使って、リポジトリに現在設定されているGitリモートを削除してください。

    # 既存のリモートの表示
    $ git remote -v
    > origin  git@git-server/octocat/hello-world.git (fetch)
    > origin  git@git-server/octocat/hello-world.git (push)
    # 既存のリモートを削除
    $ git remote remove origin
  2. リポジトリをGitHub Desktopに追加します.

  3. ツールバーのPublish repository(リポジトリの公開)ボタンをクリックしてください。

    ツールバーのPublish repository(リポジトリの公開)ボタン

  4. Nameフィールドにご希望の名前を入力するか、現在のデフォルトローカルリポジトリの名前を使います。

    Nameフィールド

  5. パブリックリポジトリを公開するには、Keep this code privateの選択を解除してください。

    Keep this code privateチェックボックス

  6. リポジトリを公開するOrganizationをOrganizationドロップダウンで選択するか、Noneを選択してリポジトリを個人アカウントに公開します。

    Organizationのドロップダウン

  7. Publish Repositoryボタンをクリックします。

    Publish Repositoryダイアログ内のPublish repositoryボタン

  1. コマンドラインを使って、リポジトリに現在設定されているGitリモートを削除してください。

    # 既存のリモートの表示
    $ git remote -v
    > origin  git@git-server/octocat/hello-world.git (fetch)
    > origin  git@git-server/octocat/hello-world.git (push)
    # 既存のリモートを削除
    $ git remote remove origin
  2. リポジトリをGitHub Desktopに追加します.

  3. ツールバーのPublish repository(リポジトリの公開)ボタンをクリックしてください。

    ツールバーのPublish repository(リポジトリの公開)ボタン

  4. Nameフィールドにご希望の名前を入力するか、現在のデフォルトローカルリポジトリの名前を使います。

    Nameフィールド

  5. パブリックリポジトリを公開するには、Keep this code privateの選択を解除してください。

    Keep this code privateチェックボックス

  6. リポジトリを公開するOrganizationをOrganizationドロップダウンで選択するか、Noneを選択してリポジトリを個人アカウントに公開します。

    Organizationのドロップダウン

  7. Publish repositoryボタンをクリックします。

    Publish repositoryダイアログ内のPublish repositoryボタン

Did this doc help you?