Skip to main content

IDE での GitHub Copilot チャットの使用

ご利用の環境に拡張機能をインストールすると、GitHub Copilot Chat を使い始めることができます。

この機能を使用できるユーザーについて

GitHub Copilot Individual サブスクリプションを持つすべてのユーザーは、Visual Studio Code および Visual Studio の GitHub Copilot Chat にアクセスできます。 Copilot Business サブスクリプションを持つ組織 の所有者は、GitHub Copilot Chat へのアクセス権を Visual Studio、 と VS Code をprodname_dotcom_the_websiteします。

JetBrains IDE での GitHub Copilot Chat は現在パブリック ベータ版であり、変更される可能性があります。 特定のユーザーのみがベータの参加対象となります。 詳しくは、「Joining the beta for GitHub Copilot Chat in a JetBrains IDE (JetBrains IDE で GitHub Copilot Chat のベータに参加する)」を参照してください。

GitHub Copilot Chat と Visual Studio Code について

GitHub Copilot Chat は、サポートされている IDE 内でコーディング関連の質問に対する回答を直接受け取ることができるチャット インターフェイスです。 Copilot Chat は、コードの提案の提供、コードの機能と目的の自然言語の説明の提供、コードの単体テストの生成、コード内のバグに対する修正プログラムの提案など、さまざまなコーディング関連タスクに役立ちます。 詳しくは、「GitHub Copilot Chat について」を参照してください。

前提条件

  • GitHub Copilot Chat ベータ版を使用するには、アクティブな GitHub Copilot サブスクリプションが必要です。 詳しくは、「GitHub Copilot の課金について」を参照してください。

  • Visual Studio Code で GitHub Copilot Chat を使うには、最新バージョンの Visual Studio Code がインストールされている必要があります。 詳細については、Visual Studio Code のダウンロード ページを参照してください。

  • Visual Studio Code で GitHub Copilot Chat を使うには、GitHub Copilot へのアクセスが許可されているのと同じ GitHub ID を使って Visual Studio Code にサインインする必要があります。

GitHub Copilot Chat の有効化または無効化

注: GitHub Copilot Individual サブスクリプションをお持ちの場合、GitHub Copilot Chat へのアクセスが自動的に許可されます。

GitHub Copilot Chat は、アクティブな GitHub Copilot Business ライセンスを持つすべての組織とエンタープライズで利用できます。 GitHub Copilot Business 設定ページで、組織またはエンタープライズの GitHub Copilot Chat を有効または無効にすることができます。

Copilot Chat が企業レベルで有効化または無効化されている場合、企業内の organization は設定をオーバーライドできません。

organization レベルでの GitHub Copilot Chat の有効化または無効化

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. サイドバーの 「コード、計画、自動化」セクションで、「 Copilot」をクリックし、「ポリシー」をクリックします。

  4. IDE の **Copilot Chat ** の右側にあるドロップダウン メニューを選択し、「有効にする」あるいは「無効にする」を選択します。

エンタープライズ レベルでの GitHub Copilot Chat の有効化または無効化

  1. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ポリシー] をクリックします。
  2. " [ポリシー]" で [Copilot] をクリックします。
  3. IDE の **Copilot Chat ** の右側にあるドロップダウン メニューを選択し、適切なオプションを選択します。
    • [ 許可] をクリックして、エンタープライズのすべての組織に対して GitHub Copilot Chat を有効にします。
    • [ ブロック] をクリックして、エンタープライズのすべての組織の GitHub Copilot Chat を無効にします。
    • [ポリシーなし] をクリックして、エンタープライズの下の各organizationに独自のポリシーを設定できるようにします。

Visual Studio Code で GitHub Copilot Chat 拡張機能をインストールする

GitHub Copilot Chat を使うには、まず Visual Studio Code の GitHub Copilot Chat 拡張機能をインストールする必要があります。

  1. Visual Studio Code で、[Visual Studio Code] ウィンドウの左側にあるアクティビティ バーの [拡張機能] アイコンをクリックして、 [拡張機能] ビューを開いてください。

    アクティビティ バーの拡張機能のアイコンのスクリーンショット。

  2. [Marketplace の拡張機能の検索] 検索ボックスで、GitHub Copilot Chat 拡張機能を検索し、 [インストール] をクリックしてください。

    拡張機能マーケットプレースの GitHub Copilot Chat 拡張機能のスクリーンショット。

  3. [Visual Studio Code] ウィンドウで、Visual Studio Code を更新するために必要な [再読み込み] をクリックしてください。

  4. Visual Studio Code の右下隅にあるトースト通知でログインするように促されたら、[GitHub にサインイン] をクリックします。 GitHub Copilot のライセンスを持っているか、組織を通じて GitHub Copilot のシートが割り当てられているのと同じ GitHub ID でサインインします。 

  5. Visual Studio Code とブラウザーの GitHub のプロンプトに従って、サインインと認証のプロセスを完了します。

  6. GitHub Copilot Chat が正常にインストールされたことを確認するには、[Visual Studio Code] ウィンドウの左側にあるアクティビティ バーで、 GitHub Copilot Chat アイコンをクリックして [GitHub Copilot Chat] チャット ウィンドウを開いてください。

    アクティビティ バーの GitHub Copilot Chat アイコンのスクリーンショット。

注: 拡張機能のインストール後に認証の問題が発生する場合は、「Troubleshooting issues with GitHub Copilot Chat in IDEs」を参照してください。

最初の質問をする

GitHub Copilot Chat は、自然言語で質問するコーディング関連の質問にのみ答えることを目的としています。 たとえば、GitHub Copilot Chat に問い合わせ、2 つの数値の合計を返す関数を記述することができます。

  1. Visual Studio Code のアクティビティ バーで、 GitHub Copilot Chat アイコンをクリックして、[GitHub Copilot Chat] チャット ウィンドウを開いてください。

    アクティビティ バーの GitHub Copilot Chat アイコンのスクリーンショット。

  2. [GitHub Copilot Chat] ウィンドウの下部にある [Copilot に質問するか、トピックに / を入力する] テキスト ボックスにコーディング関連の質問を入力し、Enter キーを押してください。 たとえば、「2 つの数値の合計を返す関数はどのように記述しますか?」と入力します。

  3. GitHub Copilot Chat により質問が処理され、必要に応じてチャット ウィンドウにコード候補を含む回答が提供されます。

    質問が GitHub Copilot Chat の範囲外の場合は、その旨が表示され、代わりの質問が提案される場合があります。

  4. 必要に応じて、GitHub Copilot Chat により [Copilot に質問するか、トピックに / を入力する] テキスト ボックスの上にフォローアップの質問が提案された場合は、フォローアップの質問をクリックして質問してください。

GitHub Copilot Chat からのコードの提案を使う

GitHub Copilot Chat によりコードが提案される場合、その使い方にはオプションがいくつかあります。

  1. GitHub Copilot Chat ウィンドウで、コード候補のオプションを表示するには、候補にカーソルを合わせてください。

    [GitHub Copilot Chat] ウィンドウのコード候補オプションのスクリーンショット。

  2. コード候補を使用するためのオプションを 1 つ選んでください。

    • コード候補をクリップボードにコピーするには、 [コピー] アイコンをクリックしてください。
    • カーソルの現在の位置にあるコードにコード候補を挿入するには、 [カーソル位置に挿入] アイコンをクリックしてください。
    • その他のオプションを表示するには、 [...] アイコンをクリックしてください。
      • 新しいファイルを作成し、それに候補を挿入するには、 [新しいファイルに挿入] をクリックしてください。
      • Visual Studio Code ターミナルでコード候補を実行するには、 [ターミナルで実行] をクリックしてください。

コードについて GitHub Copilot Chat に質問する

GitHub Copilot Chat は、コーディング関連の幅広いトピックについて回答とサポートを提供できます。

  1. Visual Studio Code で、GitHub Copilot Chat によるサポートを使いたいファイルを開いてください。
  2. 開いたファイルに関する質問を GitHub Copilot Chat にしてください。 次に例を示します。
    • ファイルの目的の説明を生成するには、「このファイルは何をするファイルですか?」のような質問をしてください。
    • ファイルの単体テストを生成するには、「このファイルのユニットテストを書いてください」のような要求を入力してください。 または、単体テストを生成するコードを強調表示し、「このコードのユニットテストを書いてください。」のような質問をしてください。
    • ファイルでバグの修正を生成するには、「このバグを修正してください」のような要求を入力してください。

GitHub Copilot Chat についてのフィードバックを共有する

GitHub Copilot Chat に関するフィードバックを共有するには、[GitHub Copilot Chat] ウィンドウの [フィードバックの共有] ボタンを使用できます。

  1. [GitHub Copilot Chat] ウィンドウの上部までスクロールしてください。
  2. [フィードバックの共有] ボタンをクリックしてください。
  3. ブラウザーの vscode-copilot-release リポジトリで、新しい Issue を作成するか、GitHub Copilot コミュニティ ディスカッションを開いてください。
    • バグを報告する Issue を開くには、 [GitHub Copilot Chat のバグ レポート] の横にある [作業の開始] をクリックしてください。
    • 機能をリクエストする Issue を開くには、 [GitHub Copilot Chat に機能を要求する] の横にある [作業の開始] をクリックしてください。
    • セキュリティの脆弱性を報告するには、 [セキュリティの脆弱性を報告する] の横にある [ポリシーの表示] をクリックしてください。
    • ディスカッションで質問するには、 [質問] の横にある [開く] をクリックしてください。

参考資料

GitHub Copilot Chat と Visual Studio について

GitHub Copilot Chat は、サポートされている IDE 内でコーディング関連の質問に対する回答を直接受け取ることができるチャット インターフェイスです。 Copilot Chat は、コードの提案の提供、コードの機能と目的の自然言語の説明の提供、コードの単体テストの生成、コード内のバグに対する修正プログラムの提案など、さまざまなコーディング関連タスクに役立ちます。 詳しくは、「GitHub Copilot Chat について」を参照してください。

前提条件

  • GitHub Copilot Chat ベータ版を使用するには、アクティブな GitHub Copilot サブスクリプションが必要です。 詳しくは、「GitHub Copilot の課金について」を参照してください。

  • Visual Studio で GitHub Copilot Chat を使うには、Visual Studio 2022 バージョン 17.6 以降を実行している必要があります。 詳しい情報については、Visual Studio IDE のドキュメントをご覧ください。

  • Visual Studio で GitHub Copilot Chat を使うには、GitHub Copilot へのアクセスが許可されているのと同じ GitHub ID を使って Visual Studio にサインインする必要があります。

GitHub Copilot Chat の有効化または無効化

注: GitHub Copilot Individual サブスクリプションをお持ちの場合、GitHub Copilot Chat へのアクセスが自動的に許可されます。

GitHub Copilot Chat は、アクティブな GitHub Copilot Business ライセンスを持つすべての組織とエンタープライズで利用できます。 GitHub Copilot Business 設定ページで、組織またはエンタープライズの GitHub Copilot Chat を有効または無効にすることができます。

Copilot Chat が企業レベルで有効化または無効化されている場合、企業内の organization は設定をオーバーライドできません。

organization レベルでの GitHub Copilot Chat の有効化または無効化

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. サイドバーの 「コード、計画、自動化」セクションで、「 Copilot」をクリックし、「ポリシー」をクリックします。

  4. IDE の **GitHub Copilot Chat **の右側にあるドロップダウン メニューを選択し、「有効にする」あるいは「無効にする」を選択します。

エンタープライズ レベルでの GitHub Copilot Chat の有効化または無効化

  1. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ポリシー] をクリックします。
  2. " [ポリシー]" で [Copilot] をクリックします。
  3. IDE の **Copilot Chat ** の右側にあるドロップダウン メニューを選択し、適切なオプションを選択します。
    • [ 許可] をクリックして、エンタープライズのすべての組織に対して GitHub Copilot Chat を有効にします。
    • [ ブロック] をクリックして、エンタープライズのすべての組織の GitHub Copilot Chat を無効にします。
    • [ポリシーなし] をクリックして、エンタープライズの下の各organizationに独自のポリシーを設定できるようにします。

Visual Studio で GitHub Copilot Chat 拡張機能をインストールする

Visual Studio で GitHub Copilot Chat を使うには、Visual Studio 拡張機能をインストールする必要があります。

  1. Visual Studio のメニュー バーの [拡張機能] をクリックしてから、 [拡張機能の管理] をクリックします。

    Visual Studio のメニュー バーのスクリーンショット。 [拡張機能] メニューが開き、[拡張機能の管理] オプションがオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  2. [拡張機能の管理] ウィンドウで、Visual Studio Marketplace をクリックし、「GitHub Copilot Chat」拡張機能を検索して、[ダウンロード] をクリックします。

  3. [拡張機能の管理] ウィンドウを閉じ、Visual Studio を終了してもう一度起動します。

注: 拡張機能のインストール後に認証の問題が発生する場合は、「Troubleshooting issues with GitHub Copilot Chat in IDEs」を参照してください。

最初の質問をする

GitHub Copilot Chat は、自然言語で質問するコーディング関連の質問にのみ答えることを目的としています。 たとえば、GitHub Copilot Chat に問い合わせ、2 つの数値の合計を返す関数を記述することができます。

  1. Visual Studio メニュー バーで、GitHub Copilot Chat を起動するには、 [表示] をクリックしてから、 [GitHub Copilot Chat] をクリックしてください。

  2. [Copilot Chat] ウィンドウの下部にある [Copilot に質問する] テキスト ボックスにコーディング関連の質問を入力し、Enter キーを押してください。 たとえば、「2 つの数値の合計を返す関数はどのように記述しますか?」と入力します。

    注: 質問が GitHub Copilot Chat の範囲外の場合は、その旨が表示され、代わりの質問が提案される場合があります。

  3. Copilot Chat で提案されたコード候補を使用したい場合は、 [コピー] アイコンをクリックして、コード候補をクリップボードにコピーしてください。

  4. 必要に応じて、GitHub Copilot Chat によって、最後の回答の下にフォローアップの質問が提案された場合は、フォローアップの質問をクリックして質問してください。

コードについて GitHub Copilot Chat に質問する

GitHub Copilot Chat は、コーディング関連の幅広いトピックについて回答とサポートを提供できます。

  1. Visual Studio で、GitHub Copilot Chat によるサポートを使いたいファイルを開いてください。
  2. 開いたファイルに関する質問を GitHub Copilot Chat にしてください。 次に例を示します。
    • ファイルの目的の説明を生成するには、「このファイルは何をしますか」のような質問をします。
    • ファイルの単体テストを生成するには、「このファイルのユニットテストを書いてください。」のような要求を入力してください。 または、単体テストを生成するコードを強調表示し、「このコードのユニットテストを書いてください。」のような質問をしてください。
    • ファイルでバグの修正を生成するには、「このバグを修正してください」のような要求を入力してください。

GitHub Copilot Chat についてのフィードバックを共有する

GitHub Copilot Chat に関するフィードバックを共有するには、Visual Studio の [フィードバックの共有] ボタンを使用できます。 Visual Studio のフィードバックの提供について詳しくは、Visual Studio のフィードバックのドキュメントをご覧ください。

  1. [Visual Studio] ウィンドウの右上隅にある [フィードバックの送信] ボタンをクリックしてください。

    Visual Studio の [フィードバックの共有] ボタンのスクリーンショット。

  2. ご自分のフィードバックを最もよく表している選択肢を選んでください。

    • バグを報告するには、 [問題の報告] をクリックしてください。
    • 機能を要求するには、 [機能の提案] をクリックしてください。

参考資料

GitHub Copilot Chat と JetBrains について

GitHub Copilot Chat は、サポートされている IDE 内でコーディング関連の質問に対する回答を直接受け取ることができるチャット インターフェイスです。 Copilot Chat は、コードの提案の提供、コードの機能と目的の自然言語の説明の提供、コードの単体テストの生成、コード内のバグに対する修正プログラムの提案など、さまざまなコーディング関連タスクに役立ちます。 詳しくは、「GitHub Copilot Chat について」を参照してください。

JetBrains IDE で GitHub Copilot Chat のベータ版に参加する

以下のお客様は、JetBrains IDE での、GitHub Copilot Chat プライベート ベータ版参加の対象です。

  • Copilot Individual サブスクリプションを使用するユーザー。 プライベート ベータに参加するには、待機リストに サインアップします。 ベータプログラムに同意されると、電子メールで通知されます。 待機リストに参加しても、ベータにアクセスできる事は保証されません。
  • Copilot Business サブスクリプションを使用しており、請求を受けた組織またはエンタープライズのオーナーで、かつアカウント マネージャーがいるユーザー。 プライベート ベータに参加するには、アカウント マネージャーまたはソリューション エンジニアに連絡してアクセス権を要求してください。

現在、次のお客様は、JetBrains IDE での GitHub Copilot Chat プライベート ベータ版の対象外です。

  • アカウント マネージャーのいない Free、Team、または Enterprise プランのお客様。
  • GitHub の支払いに、クレジット カードまたは PayPal をご使用の Enterprise プランのお客様。

前提条件

  • GitHub Copilot Chat ベータ版を使用するには、アクティブな GitHub Copilot サブスクリプションが必要です。 詳しくは、「GitHub Copilot の課金について」を参照してください。

  • JetBrains で GitHub Copilot Chat を使用するには、互換性のある JetBrains IDE がインストールされている必要があります。 Copilot Chat は、次の IDE と互換性があります。

    • IntelliJ IDEA (Ultimate、Community、Educational)
    • Android Studio
    • AppCode
    • CLion
    • DataGrip
    • DataSpell
    • GoLand
    • MPS
    • PhpStorm
    • PyCharm (Professional、Community、Educational)
    • Rider
    • RubyMine
    • RustRover
    • WebStorm

    詳しくは、JetBrains IDE ツール ファインダーを参照してください。

GitHub Copilot Chat の有効化または無効化

注:

  • GitHub Copilot Individual サブスクリプションをお持ちの場合は、待機リストに参加できます。 アクセス権が付与されると、電子メールで通知されます。 待機リストに参加しても、アクセスが保証されるわけではありません。
  • 請求された組織または企業の GitHub Copilot Business サブスクリプションがある場合は、アカウント マネージャーまたはソリューション エンジニアに連絡してアクセスを要求できます。

organization レベルでの GitHub Copilot Chat の有効化または無効化

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. 組織の隣の [設定] をクリックします。

  3. サイドバーの [コード、計画、自動化] セクションで、 [ Copilot] をクリックし、 [ポリシー] をクリックします。

  4. GitHub Copilot Chat ベータ版の右側にあるドロップダウン メニューを選択し、「有効にする」あるいは「無効にする」を選択します。

エンタープライズ レベルでの GitHub Copilot Chat の有効化または無効化

  1. Enterprise アカウントのサイドバーで、 [ポリシー] をクリックします。
  2. " [ポリシー]" で [Copilot] をクリックします。
  3. GitHub Copilot Chat ベータ版の右側にあるドロップダウン メニューを選択し、適切なオプションを選択します。
    • [ 許可] をクリックして、エンタープライズのすべての組織に対して GitHub Copilot Chat ベータ版を有効にします。
    • [ ブロック] をクリックして、エンタープライズのすべての組織の GitHub Copilot Chat ベータ版を無効にします。
    • [ポリシーなし] をクリックして、エンタープライズの下の各organizationに独自のポリシーを設定できるようにします。

JetBrains での GitHub Copilot プラグインのインストールまたは更新

JetBrains IDE で GitHub Copilot Chat ベータ版を使用するには、GitHub Copilot プラグインをインストールまたは更新する必要があります。 GitHub Copilot プラグインをまだインストールしていない場合は、「JetBrains IDE への GitHub Copilot プラグインのインストール」の手順に従ってください。 GitHub Copilot プラグインを既にインストールしている場合は、「JetBrains での GitHub Copilot プラグインの更新」の手順に従ってください。

次の手順では、GitHub Copilot プラグインを IntelliJ IDEA にインストールまたは更新する方法について説明します。 サポートされている別の IDE にインストールする場合、手順が異なる可能性があります。

JetBrains IDE での GitHub Copilot のインストール

JetBrains IDE で GitHub Copilot を使用するには、GitHub Copilot プラグインをインストールする必要があります。

  1. JetBrains IDE の [ファイル] メニュー (Windows の場合) または IDE for Mac の名前 (たとえば、PyCharmIntelliJなど) で、 [設定] (Windows の場合) または [環境設定] (Mac の場合) をクリックします。

  2. [設定] または [環境設定] ダイアログ ボックスの左側のメニューで、 [プラグイン] をクリックします。

  3. [設定] または [環境設定] ダイアログ ボックスの上部にある [Marketplace] をクリックします。 検索バーで、「 GitHub Copilot 」を検索し、 [インストール] をクリックします。

    [基本設定] ウィンドウのスクリーンショット。 [Marketplace] というラベルが付いたタブが、オレンジ色の枠線で強調表示されています。 検索結果のリストでは、インストールされた [GitHub Copilot] プラグインのチェック ボックスがオンになっています。

  4. GitHub Copilot がインストールされたら、 [IDE を再起動する] をクリックします。

  5. JetBrains IDE が再起動したら、 [ツール] メニューをクリックします。 [GitHub Copilot][GitHub にログイン] の順にクリックします。

    展開された [ツール] メニューと [GitHub Copilot] サブメニューのスクリーンショット。 [GitHub へのログイン] オプションが青色で強調表示されています。

  6. デバイス コードをコピーしてデバイスの有効化ウィンドウを開くには、[GitHub にサインイン] ダイアログ ボックスで、 [コピーして開く] をクリックします。

    [GitHub にサインイン] ダイアログのスクリーンショット。 デバイス コードが、[コピーして開く] というラベルの付いたボタンの上に表示されています。

  7. ブラウザーにデバイスのアクティブ化ウィンドウが表示されます。 デバイス コードを貼り付け、 [続行] をクリックします。

  8. GitHub から、GitHub Copilot に必要なアクセス許可が要求されます。 これらのアクセス許可を認可するには、 [GitHub Copilot プラグインの認可] をクリックします。

  9. アクセス許可が承認されたら、JetBrains IDE によって確認が表示されます。 GitHub Copilot の使用を開始するには、 [OK] をクリックします。

JetBrains での GitHub Copilot プラグインの更新

  1. JetBrains IDE の [ファイル] メニュー (Windows の場合) または IDE for Mac の名前 (たとえば、PyCharmIntelliJなど) で、 [設定] (Windows の場合) または [環境設定] (Mac の場合) をクリックします。
  2. [設定] または [環境設定] ダイアログ ボックスの左側のメニューで、 [プラグイン] をクリックします。
  3. [設定/環境設定] ダイアログ ボックスの上部にある [インストール済] をクリックします。 検索バーで、「 GitHub Copilot 」を検索し、 [更新] をクリックします。
  4. GitHub Copilot が更新されたら、JetBrains IDE を終了して再起動します。

最初の質問をする

GitHub Copilot Chat は、自然言語で質問するコーディング関連の質問にのみ答えることを目的としています。 たとえば、GitHub Copilot Chat に問い合わせ、2 つの数値の合計を返す関数を記述することができます。

  1. JetBrains IDE ウィンドウの右側にある GitHub Copilot Chat アイコンをクリックして、GitHub Copilot Chat ウィンドウを開きます。

    アクティビティ バーの GitHub Copilot Chat アイコンのスクリーンショット。

  2. [GitHub Copilot Chat] ウィンドウの下部にある [Copilot に質問するか、トコマンドに / を入力する] テキスト ボックスにコーディング関連の質問を入力し、Enter キーを押してください。 たとえば、「2 つの数値の合計を返す関数はどのように記述しますか?」と入力します。

  3. GitHub Copilot Chat により質問が処理され、必要に応じてチャット ウィンドウにコード候補を含む回答が提供されます。

    質問が GitHub Copilot Chat の範囲外の場合は、その旨が表示され、代わりの質問が提案される場合があります。

  4. 必要に応じて、GitHub Copilot Chat により [Copilot に質問するか、コマンドに / を入力する] テキスト ボックスの上にフォローアップの質問が提案された場合は、フォローアップの質問をクリックして質問してください。

コードについて GitHub Copilot Chat に質問する

GitHub Copilot Chat は、コーディング関連の幅広いトピックについて回答とサポートを提供できます。

  1. JetBrains IDE で、GitHub Copilot Chat がサポートするファイルを開きます。
  2. 開いたファイルに関する質問を GitHub Copilot Chat にしてください。 次に例を示します。
    • ファイルの目的の説明を生成するには、「このファイルは何をするファイルですか?」のような質問をしてください。
    • ファイルの単体テストを生成するには、「このファイルのユニットテストを書いてください」のような要求を入力してください。 または、単体テストを生成するコードを強調表示し、「このコードのユニットテストを書いてください。」のような質問をしてください。
    • ファイルでバグの修正を生成するには、「このバグを修正してください」のような要求を入力してください。

GitHub Copilot Chat についてのフィードバックを共有する

GitHub Copilot Chat に関するフィードバックを共有するには、JetBrains の 共有フィードバック リンクを使用できます。

  1. JetBrains IDE ウィンドウの右側にある GitHub Copilot Chat アイコンをクリックして、GitHub Copilot Chat ウィンドウを開きます。

    アクティビティ バーの GitHub Copilot Chat アイコンのスクリーンショット。

  2. GitHub Copilot Chat ウィンドウの上部にある [共有フィードバック] リンクをクリックします。

    GitHub Copilot Chat ウィンドウの共有フィードバック リンクのスクリーンショット。

参考資料