Skip to main content

GitHub Copilot の機能

GitHub Copilot には、一連の機能が備わっています。 Copilot には、管理者向けの一連の機能も用意されています。

GitHub Copilot の機能

コードの完了

サポートされている IDE (Visual Studio Code、Visual Studio、JetBrains IDE、Azure Data Studio、Vim/Neovim) での Copilot からのオートコンプリート スタイルの提案。

Copilot Chat

コーディング関連の質問をできるチャット インターフェイス。 GitHub Copilot Chat は、GitHub.com (Copilot Enterprise のみ)、GitHub Mobile、およびサポートされている IDE (Visual Studio Code、Visual Studio、JetBrains IDEs) で使用できます。 Copilot Enterprise ユーザーは Copilot Chat のスキルを用いることもできます。

Copilot in the CLI

ターミナルのチャットのようなインターフェイス。ここではコマンド ラインに関する質問をすることができます。 Copilot に質問すると、コマンドの提案またはコマンドの説明を提供する。

Copilot pull request summaries (Copilot Enterprise のみ)

pull request で行われた変更、影響を受けるファイル、レビュー担当者がレビューを行うときに注目すべき内容の AI 生成の概要。

Copilot サポート技術情報 (Copilot Enterprise のみ)

Copilot とのチャットのコンテキストとして使用するドキュメントのコレクションを作成および管理します。 GitHub.com の Copilot Chat または VS Code で質問を行うときは、質問のコンテキストとしてサポート技術情報を指定できます。

管理者向け GitHub Copilot の機能

Copilot Business サブスクリプションまたは Copilot Enterprise サブスクリプションを持つ組織および企業所有者は、次の機能を使用できます。

ポリシー管理

組織または企業で Copilot のポリシーを管理します。

アクセス管理

企業所有者は、Copilot を使用できる企業内の組織を指定でき、組織の所有者はコパイロットを使用できる組織メンバーを指定できます。

使用状況データ

組織内または企業内の Copilot の使用状況データを確認して、アクセスを管理し、Copilot の導入を推進する方法を通知します。

監査ログ

組織で Copilot の監査ログを確認して、実行されたアクションとユーザーを把握します。

ファイルを除外する

特定のファイルを無視するように Copilot を構成します。 これは、Copilot で使用したくないファイルがある場合に便利です。

次のステップ