GitHub プランをダウングレードする

どのタイプの GitHub アカウントのプランもいつでもダウングレードできます。

GitHubプランのダウングレード

ユーザアカウントまたはOrganizationのプランをダウングレードした場合、価格とアカウント機能の変更は次の請求日から有効になります。 有料のユーザアカウントまたはOrganizationのプランを変更しても、他の有料GitHub 機能のプランや支払いには影響しません。 詳細は「アップグレードやダウングレードは支払い処理にどのように影響しますか?」を参照してください。

ユーザアカウントのプランをダウングレードする

ユーザアカウントをGitHub ProからGitHub Freeにダウングレードした場合、プライベートリポジトリでの高度なコードレビューツールにはアクセスできなくなります。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. ユーザ設定サイドバーでBilling & plans(支払いプラン)をクリックしてください。 支払いプランの設定
  3. "Current plan(現在のプラン)"の下で、Edit(編集)ドロップダウンを使い、Downgrade to Free(Freeへのダウングレード)をクリックしてください。 Downgrade to free button
  4. 次回の請求日にユーザアカウントがアクセスできなくなる機能に関する情報を読み、[I understand. Continue with downgrade] をクリックします。 [Continue with downgrade] ボタン

プライベートリポジトリに GitHub Pages サイトを公開し、カスタムドメインを追加した場合、ドメイン乗っ取りのリスクを回避するため、GitHub Pro から GitHub Free にダウングレードする前に DNS レコードを削除または更新します。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイト用のカスタムドメインを管理する」を参照してください。

Organizationのプランをダウングレードする

オーナーあるいは支払いマネージャーロールを持っている Organization のメンバーだけが、Organization の支払い設定へのアクセスあるいは変更が可能です。

OrganizationをGitHub TeamからGitHub Freeにダウングレードした場合、そのアカウントはチームの高度なコラボレーションおよび管理ツールにはアクセスできなくなります。

OrganizationをGitHub Enterprise CloudからGitHub TeamまたはGitHub Freeにダウングレードした場合、そのアカウントは高度なセキュリティ、コンプライアンス、およびデプロイメントコントロールにアクセスできなくなります。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 設定のサイドバーで、Organizationsをクリックしてください。 サイドバーのOrganizationの設定
  3. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン
  4. Organizationのオーナーは、左のサイドバーでBilling & plans(支払とプラン)をクリックしてください。 Organizationの設定サイドバーの支払とプラン
  5. "Current plan(現在のプラン)"の下で、[Edit] ドロップダウンから必要なダウングレード オプションをクリックします。 [Downgrade] ボタン
  6. 次回の請求日には Organization がアクセスできなくなる機能に関する情報を読み、[I understand. Downgrade my organization] をクリックします。 [Downgrade] ボタン

従来のリポジトリ単位の支払いを使用しているOrganizationのプランをダウングレードする

オーナーあるいは支払いマネージャーロールを持っている Organization のメンバーだけが、Organization の支払い設定へのアクセスあるいは変更が可能です。

Organization が従来のリポジトリごとの支払いプランを使用している場合は、いつでもユーザごとの価格付けに切り替えることができます。 ユーザごとの価格付けにアップグレードすると、リポジトリの価格付けに戻すことはできません。詳しい情報については、「Organization をリポジトリごとからユーザごとに切り替える」を参照してください。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 設定のサイドバーで、Organizationsをクリックしてください。 サイドバーのOrganizationの設定
  3. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン
  4. Organizationのオーナーは、左のサイドバーでBilling & plans(支払とプラン)をクリックしてください。 Organizationの設定サイドバーの支払とプラン
  5. [Subscriptions] の下にある [Edit] ドロップダウンメニューから [Edit plan] をクリックします。 [Edit Plan] ドロップダウン
  6. [Billing/Plans] で、変更する必要があるプランの横にある [Downgrade] をクリックします。 [Downgrade] ボタン
  7. アカウントをダウングレードする理由を入力し、[Downgrade plan] をクリックします。 ダウングレードの理由を入力するテキストボックスと [Downgrade] ボタン

Organization から有料シートを削除する

Organization が使用する有料シート数を減らすには、Organization からメンバーを削除するか、メンバーを外部コラボレーターに変更してアクセス権をパブリックリポジトリに限定する方法があります。 詳しい情報については、以下を参照してください。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. 設定のサイドバーで、Organizationsをクリックしてください。 サイドバーのOrganizationの設定
  3. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン
  4. Organizationのオーナーは、左のサイドバーでBilling & plans(支払とプラン)をクリックしてください。 Organizationの設定サイドバーの支払とプラン
  5. "Current plan(現在のプラン)"の下で、Edit(編集)ドロップダウンを使い、Remove seats(シートの削除)をクリックしてください。 [Remove Seats] ドロップダウン
  6. [Remove seats] の下でダウングレードするシート数を選択します。 [Remove Seats] オプション
  7. 次回請求日の新しい支払いに関する情報を確認し、[Remove seats] をクリックします。 [Remove Seats] ボタン

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?