Skip to main content

GitHub Packages の使用状況の表示

GitHub Packages について、ストレージとデータ転送の使用状況の詳細を表示できます。

GitHub Packages は、GitHub Free、GitHub Pro、Organization の GitHub Free、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server 3.0 以降、GitHub AE で利用できます。
GitHub Packagesは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 また、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントは、リポジトリごとに課金される Container registry にはアクセスできません。 詳細については、「GitHub's products」を参照してください。

個人アカウントの GitHub Packages の使用状況を表示する

自身の個人アカウントの GitHub Packages の使用状況は、誰でも表示できます。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン 1. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Billing and plans](課金とプラン) をクリックします。 1. "GitHub Packages"の下で、データ転送の利用状況の詳細を見てください。 データ転送の利用状況の詳細 1. "Storage for Actions and Packages(アクションとパッケージのためのストレージ)"の下で、GitHub Actions及びGitHub Packagesを組み合わせたストレージの利用状況の詳細を見てください。 ストレージの利用状況のデータは、1時間ごとに同期されます。 ストレージの利用状況の詳細 1. あるいは、[今月の利用状況] の横の [利用レポートの取得] をクリックして、GitHub Actions と GitHub Packages のストレージ利用状況の CSV レポートをアカウントのプライマリ メール アドレスにメールすることもできます。 CSV レポートのダウンロード

Organizationの GitHub Packages の使用状況を表示する

Organization については、Organization のオーナーと支払いマネージャーが GitHub Packages の使用状況を管理できます。 Enterprise アカウントで管理されている Organization の場合、Organization の支払いページで GitHub Packages の使用状況を確認できるのは Organization のオーナーだけです。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Organizations] をクリックします。

  3. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  4. Organization の所有者の場合は、サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ 課金とプラン] をクリックします。 1. "GitHub Packages"の下で、データ転送の利用状況の詳細を見てください。 データ転送の利用状況の詳細 1. "Storage for Actions and Packages(アクションとパッケージのためのストレージ)"の下で、GitHub Actions及びGitHub Packagesを組み合わせたストレージの利用状況の詳細を見てください。 ストレージの利用状況のデータは、1時間ごとに同期されます。 ストレージの利用状況の詳細 1. Optionally, next to "Usage this month", click Get usage report to get an email containing a link for downloading a CSV report of storage use for GitHub Actions, GitHub Packages, and GitHub Codespaces. The email is sent to your account's primary email address. You can choose whether the report should cover the last 7, 30, 90, or 180 days. Download CSV report