Skip to main content

GitHub Copilot の課金について

GitHub Copilot を使用する場合は、個人用アカウントに GitHub Copilot のサブスクリプションがあるか、Organization または Enterprise が管理するサブスクリプションのシートが割り当てられている必要があります。

この機能を使用できるユーザーについて

GitHub Copilot は、GitHub Copilot Individual の個人用アカウントまたはGitHub Copilot Businessの組織アカウントによって管理できます。

GitHub Copilot の課金について

GitHub Copilot サブスクリプションを個人用アカウント、または Organization や Enterprise に設定できます。

  • 個人用アカウントに GitHub Copilot Individual のサブスクリプションを設定できます。
  • Organization の場合は、GitHub Copilot Business のサブスクリプションを設定し、メンバーにアクセス権を付与できます。
  • GitHub Enterprise Cloud の Enterprise の場合は、GitHub Copilot Business または GitHub Copilot Enterprise のサブスクリプションを設定し、Organization がメンバーへのアクセス権を付与できるようにします。

GitHub Copilot サブスクリプションを持つ Organization または Enterprise のメンバーである場合、サブスクリプションを使用するには、Organization のオーナーによってシートを割り当てられる必要があります。

個人用アカウントで有料サブスクリプションを開始する前に、GitHub Copilot を評価するための 30 日間の 1 回限りの試用版を設定できます。 試用版を開始するには、月単位または年単位の請求期間を選び、支払い方法を指定する必要があります。 30 日以内に試用版をキャンセルしない場合、試用版は自動的に有料サブスクリプションに移行します。 GitHub Copilot の試用版は、30 日間の間いつでもキャンセルすることができ、料金は発生しません。 試用期間が終了する前にキャンセルした場合、30 日間の試用期間が終了するまで、GitHub Copilot に引き続きアクセスできます。 詳しくは、「個々の GitHub Copilot サブスクリプションの管理」を参照してください。

注: 2021 年 7 月から 2022 年 6 月まで行われていた無料の GitHub Copilot テクニカル プレビューに参加していた場合、30 日間の試用版の対象にはなりません。

GitHub Copilot の課金は協定世界時 (UTC) で動作するため、これを独自のタイム ゾーンに変換する必要がある場合があります。 たとえば、Azure を通じて課金され、12 月 1 日午後 7 時 00 分に使用状況の更新が表示された場合、GitHub Copilot では、12 月 2 日の午前 12 時 (UTC) と表示されることがあります。 シートをキャンセルする場合、要求された支払いサイクルで終了し、タイム ゾーンの違いにかかわらず追加料金が発生しないように注意してください。

支払い方法の追加や支払い履歴の表示など、一般的な請求の詳細については、「GitHub の支払い設定を管理する」を参照してください。

GitHub Copilot Individual の課金について

GitHub Copilot サブスクリプションは、月単位または年単位のサイクルで利用できます。 毎月の支払いサイクルを選択すると、カレンダー月ごとに 10 米国ドル が課金されます。 年単位の支払いサイクルを選択した場合、年間 100 米ドル が課金されます。 いつでも月単位または年単位の支払いサイクルに変更できます。 変更内容は、次回の支払いサイクルの開始から有効になります。 ほとんどの場合、GitHub によってまだ課金されていない場合は、GitHub Copilot にサインアップした日に支払いサイクルが開始されます。 たとえば、毎月の請求で 9 月 3 日にサインアップした場合、最初の支払いサイクルは 9 月 3 日から 10 月 2 日まで実行され、その後の月の同じ日に実行されます。 年間支払いの場合、9 月 3 日にサインアップした場合、最初のサイクルは翌年の 9 月 2 日に終了します。

既に支払いサイクルがある場合は、GitHub Copilot の請求が次の請求書に含まれるか、30 日間の試用終了後の最初の請求書に含まれます。その最初の期間に対してプロラタベースで課金されます。 請求日がまだ確定していない場合は、30 日間の試用版の終了時、または新しい有料の GitHub Copilot サブスクリプションを設定したときに、GitHub Copilot Individual に対して請求されます。

アクティブな GitHub Copilot Individual のサブスクリプションがあり、GitHub Copilot Business サブスクリプションの一部としてシートが割り当てられている場合、個人の GitHub Copilot サブスクリプションは自動的に取り消されます。 個人サブスクリプションの現在の請求期間の残りの部分に対しては、日割り計算での返金があります。 その後、Enterprise または Organization レベルで設定されたポリシーに従って、GitHub Copilot を引き続き使用できます。

GitHub Copilot の無料サブスクリプションは、検証済みの学生、教師、および GitHub の一般的なオープンソース リポジトリの保守担当者が利用できます。 オープンソースの保守担当者として条件を満たしている場合、GitHub Copilot サブスクリプション ページにアクセスすると、自動的に通知されます。 学生として、現在 GitHub Student Developer Pack を受け取っている場合は、GitHub Copilot サブスクリプション ページにアクセスすると、無料のサブスクリプションも提供されます。 GitHub Student Developer Pack の詳細については、「学生として GitHub Global Campus に応募する」を参照してください。

GitHub Copilot Business および GitHub Copilot Enterprise の課金について

Organization および Enterprise の GitHub Copilot Business サブスクリプションと GitHub Copilot Enterprise サブスクリプションは、毎月のサイクルで利用できます。 サブスクリプションは次の価格で課金されます。

  • GitHub Copilot Business では、ユーザーあたり 1 か月で 19 米国ドル。
  • GitHub Copilot Enterprise では、ユーザーあたり 1 か月で 39 米国ドル。

請求は各支払いサイクルの最後に処理されます。 請求されるユーザーは、割り当てられた GitHub Copilot シートの数に基づいて計算されます。 請求期間の途中で割り当てられたシートは、期間の残りの日数に基づいて日割り計算されます。 請求期間中に削除されたシートの割り当ては、次の期間の初めから有効になります。 サイクルが終了するまで、そのユーザーは GitHub Copilot を引き続き使用できます。 Organization 自体へのユーザーのアクセス権が削除されると、ユーザーはすぐにアクセスできなくなります。

シート割り当ては、Organization のオーナーによって管理されます。 詳細については、「GitHub Copilot Business サブスクリプションの管理」または GitHub Enterprise Cloud ドキュメントで「GitHub Copilot Enterprise サブスクリプションの管理」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud の GitHub Copilot の

Azure サブスクリプションを組織またはEnterprise アカウントに接続し、Azure 経由で従量制課金を有効にすると、従量制課金が Azure に送信されるようになります。 現在の支払いサイクルの開始時から、次の請求日に Azure 経由の従量制課金を有効にした場合の使用状況については、GitHub を通じて課金されます。 Azure サブスクリプションを接続した日から Azure 経由で従量制課金を有効にした日から、カレンダー月の終わりまでの期間は、月の最初に Azure で課金されます。 詳しくは、「Azure サブスクリプションを接続する」を参照してください。

注: 使用状況データは日ごとに Azure に送信されますが、使用されたシートの数に基づいて月末に課金されます。 つまり、日ごとの支出 (この場合はシート数) を追跡できますが、実際の支払いは月ごとに処理されます。

GitHub Copilot Enterprise サブスクリプションへの変更について

GitHub Copilot Business から GitHub Copilot Enterprise にアップグレードすると、現在 GitHub Copilot Business のシートを持っているすべてのユーザーは、すぐに GitHub Copilot Enterprise にアクセスできます。 サイクルの残りの期間については案分計算で、各 GitHub Copilot Enterprise シートに対して課金されます。

支払いサイクル中に GitHub Copilot Enterprise サブスクリプションをダウングレードすると、ユーザーはサイクルの残りの期間 GitHub Copilot Enterprise にアクセスでき、請求書の変更は次のサイクルから有効になります。