Skip to main content

GitHub Copilotの支払いについて

GitHub Copilotを使いたい場合、GitHubアカウントのプランが必要です。

GitHub Copilotの支払いについて

GitHub Copilotを使いたい場合、GitHubの個人アカウントにプランが必要になります。 GitHub Copilot の詳細については、「GitHub Copilot について」を参照してください。

有料プランを始める前に、GitHub Copilotを評価するために1回限定の60日の試用をセットアップできます。 試用を開始するには、月次もしくは年次の支払いサイクルを選択し、支払い方法を提供しなければなりません。 60日の終わりまでに試用をキャンセルしなかった場合、試用は自動的に有料プランに変換されます。 GitHub Copilotの試用は、60日の間いつでもキャンセルでき、そうすれば課金されることはありません。 試用の終了前にキャンセルした場合、60日の試用期間が終了するまではGitHub Copilotにアクセスできます。 詳しい情報については「GitHub Copilotのプランの管理」を参照してください。

GitHub Copilotの価格

GitHub Copilotプランは、月次もしくは年次のサイクルで利用できます。 月次の支払いサイクルを選択した場合、カレンダーの月ごとに$10が請求されます。 年次の支払いサイクルを選択した場合、年間で$100が請求されます。 支払いサイクルはいつでも変更でき、変更は次の支払いサイクルの開始時点から反映されます。

GitHub Copilotの無料プランは、確認済みの学生、及びGitHub上の人気のあるオープンソースリポジトリのメンテナが利用できます。 オープンソースメンテナとしての基準を満たしているなら、GitHub Copilotプランのページにアクセスすると自動的に通知されます。 学生として現在GitHub 学生開発者パックを受け取っている場合、GitHub Copilotプランのページにアクセスすると無料のプランも提供されます。 GitHub 学生開発者パックに関する詳しい情報については「学生向け開発者パックへの応募」を参照してください。