Skip to main content

Git Large File Storage の使用状況の表示

アカウントの毎月の帯域幅容量と Git LFS の残りの容量を監査できます。

帯域とストレージに量は、リポジトリのオーナーのクオータに対してのみカウントされます。 フォークでは、帯域とストレージの利用はリポジトリネットワークのルートに対してカウントされます。 リポジトリへの書き込みアクセスを持っている人は、自分個人の帯域とストレージクオータに影響を与えたり、データパックを購入したりすることなくGit LFSにファイルをプッシュできます。 フォークの作成やリポジトリのプルは、親リポジトリの帯域制限に対してカウントされます。 帯域に未使用があっても、翌月には繰り越しされません。

個人アカウントのストレージと帯域幅の使用状況を表示する

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン 1. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Billing and plans](課金とプラン) をクリックします。 1. [Git LFS データ] で、帯域とストレージの詳細を見てください。 Organization の LFS データ使用状況をリポジトリ別に表示するには、[ストレージ] と [帯域幅] の横にある矢印をクリックします。

    Git LFSのデータ利用状況の詳細

Organization のストレージと帯域幅の使用状況を表示する

"所有者" または "支払いマネージャー" のロールを持つ組織のメンバーのみが、組織の支払い設定に対してアクセスしたり、変更を加えたりすることができます。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Organizations] をクリックします。

  3. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  4. Organization の所有者の場合は、サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ 課金とプラン] をクリックします。 1. [Git LFS データ] で、帯域とストレージの詳細を見てください。 Organization の LFS データ使用状況をリポジトリ別に表示するには、[ストレージ] と [帯域幅] の横にある矢印をクリックします。

    Git LFSのデータ利用状況の詳細

参考資料