Skip to main content

Git Large File Storage の使用状況を表示する

アカウントの毎月の帯域幅容量と Git LFS の残りの容量を監査できます。

帯域とストレージに量は、リポジトリのオーナーのクオータに対してのみカウントされます。 フォークでは、帯域とストレージの利用はリポジトリネットワークのルートに対してカウントされます。 リポジトリへの書き込みアクセスを持っている人は、自分個人の帯域とストレージクオータに影響を与えたり、データパックを購入したりすることなくGit LFSにファイルをプッシュできます。 フォークの作成やリポジトリのプルは、親リポジトリの帯域制限に対してカウントされます。 帯域に未使用があっても、翌月には持ち越しできません。

個人アカウントのストレージと帯域幅の使用状況を表示する

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the "Access" section of the sidebar, click Billing and plans.

  3. View details of your bandwidth and storage usage under "Git LFS Data." To view your organization's LFS data usage by repository, click the arrows next to "Storage" and "Bandwidth."

    Git LFSのデータ利用状況の詳細

Organization のストレージと帯域幅の使用状況を表示する

オーナーあるいは支払いマネージャーロールを持っている Organization のメンバーだけが、Organization の支払い設定へのアクセスあるいは変更が可能です。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the "Access" section of the sidebar, click Organizations.

  3. Organizationの隣のSettings(設定)をクリックしてください。 設定ボタン

  4. If you are an organization owner, in the "Access" section of the sidebar, click Billing and plans.

  5. View details of your bandwidth and storage usage under "Git LFS Data." To view your organization's LFS data usage by repository, click the arrows next to "Storage" and "Bandwidth."

    Git LFSのデータ利用状況の詳細

参考リンク