Skip to main content

ワークフローの使用

GitHub Actions ワークフローの作成と管理。

ワークフローについて

トリガー、構文、高度な機能など、GitHub Actions のワークフローの概要について説明します。

ワークフローのトリガー

GitHub Actions ワークフローを自動的にトリガーする方法

ワークフローの手動実行

ワークフローが workflow_dispatch イベントで実行されるように設定されている場合、GitHub、GitHub CLI、または REST API の Actions タブを使用してワークフローを実行できます。

ワークフローの無効化と有効化

GitHub UI、REST API、または GitHub CLI を使用して、ワークフローを無効化したり再度有効化したりすることができます。

ワークフローをトリガーするイベント

GitHub で特定のアクティビティが実行された時、スケジュールした時間、または GitHub 外でイベントが発生した時にワークフローを実行できるよう設定できます。

ギットハブ アクション のワークフロー構文

ワークフローは、1 つ以上のジョブからなる設定可能な自動化プロセスです。 ワークフローの設定を定義するには、YAMLファイルを作成しなければなりません。

GitHub Actions のワークフロー コマンド

ワークフロー内あるいはアクションのコード内でシェルコマンドを実行する際には、ワークフローコマンドを利用できます。

重複の回避

再利用可能なワークフローまたは複合アクションを使用して、ワークフローのコンテンツが重複しないようにすることができます。

ワークフローの再利用

既存のワークフローを再利用してワークフローを作成するときに重複を回避する方法について説明します。

依存関係をキャッシュしてワークフローのスピードを上げる

ワークフローを高速化して効率を上げるために、依存関係や広く再利用されるファイルに対するキャッシュを作成して利用できます。

ワークフロー データを成果物として保存する

成果物を使うと、ワークフロー内のジョブ間でデータを共有し、ワークフローが完了したときに、そのワークフローのデータを保存できます。

Organization のスターター ワークフローを作成する

Team 内のユーザーがより簡単に新しいワークフローを追加できるように、スタート ワークフローを作成する方法について学びます。

ワークフロー、シークレット、ランナーを Organization と共有する

スターター ワークフロー、シークレット、変数、セルフホスト ランナーを共有することで、組織の機能を使用してチームと共同作業する方法を説明します。

ワークフローで GitHub CLI を使用する

GitHub Actions ワークフローでは、GitHub CLI を使用してスクリプトを作成できます。