👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

事前設定されたワークフローテンプレートで始める

GitHubは、ワークフローを自動化したり、特定の言語やフレームワークのためのCIワークフローを作成するための、事前設定されたワークフローテンプレートを提供しています。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

ワークフローテンプレートについて

GitHubはコードを分析し、リポジトリに最も適したCIテンプレートを提示します。 たとえばリポジトリにNode.jsのコードが含まれているなら、Node.jsプロジェクトのためのサジェッションが提示されます。 ワークフローテンプレートは、カスタムワークフローの構築の出発点として利用することも、そのまま利用することもできます。

actions/starter-workflowsリポジトリで、CIテンプレートの完全なリストをブラウズできます。 また、ワークフローを自動化するテンプレートを見つけることもできます。 詳しい情報についてはactions/starter-workflowsリポジトリの自動化テンプレートを参照してください。

最初のワークフローテンプレートの追加

まだリポジトリにワークフローを追加していないなら、ワークフローのテンプレートを見て選択できます。

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下でActions(アクション)をクリックしてください。
    メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ
  3. 使いたいテンプレート名の下で、Set up this workflow(このワークフローをセットアップする)をクリックしてください。
    Node.jsの推奨テンプレート

追加のワークフローテンプレートの追加

すでにワークフローを使っており、新しいテンプレートワークフローを追加したいなら、そのワークフローテンプレートにアクセスできます。

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下でActions(アクション)をクリックしてください。
    メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ
  3. 左上でNew workflow(新規ワークフロー)をクリックしてください。
    新規ワークフローの選択
  4. 使いたいテンプレート名の下で、Set up this workflow(このワークフローをセットアップする)をクリックしてください。
    Node.jsの推奨テンプレート

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください