Skip to main content
We publish frequent updates to our documentation, and translation of this page may still be in progress. For the most current information, please visit the English documentation.

GitHub でファイルを検索する

ファイルファインダーを使ってリポジトリにあるファイルを検索できます。 GitHub の複数のリポジトリ内のファイルを検索するには、filename コード検索修飾子を使用します。

ヒント:

  • ファイル ファインダーの既定の結果では、buildlogtmpvendor などの一部のディレクトリが除外されます。 これらのディレクトリ内のファイルを検索するには、filename コード検索修飾子を使います。または、.gitattributes ファイルを使って、既定で除外するディレクトリをカスタマイズできます。
  • キーボードの t キーを押してファイル ファインダーを開くこともできます。 詳細については、「Keyboard shortcuts」 (キーボード ショートカット) を参照してください。

ファイル ファインダーを使用する

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。
  2. ファイルのリストの上の [ファイルに移動] をクリックします。 [ファイル検索] ボタン
  3. 検索フィールドで、検索したいファイル名を入力します。 ファイル検索の検索フィールド
  4. 結果のリストで、目的のファイルをクリックします。

除外されるファイルをカスタマイズする

次のディレクトリがリポジトリ ルートに存在する場合、それらの中にあるファイルはファイル ファインダーの既定の結果に含まれません。

  • .git
  • .hg
  • .sass-cache
  • .svn
  • build
  • dot_git
  • log
  • tmp
  • vendor

.gitattributes ファイルを使うことで、これらの既定の除外をオーバーライドできます。

これを行うには、リポジトリ ルートで .gitattributes という名前のファイルを作成または更新し、ファイル ファインダーの結果に含める必要がある各ディレクトリについて、linguist-generated 属性を false に設定します。

たとえば、次のような .gitattributes ファイルを使うと、build/ ディレクトリ内のファイルをファイル ファインダーで使用できるようになります。

build/** linguist-generated=false

このオーバーライドには、再帰 glob パターン (**) を使う必要があることに注意してください。 詳しくは、Git のドキュメントの「パターン形式」をご覧ください。 既定で除外されるディレクトリ内のサブディレクトリのさらに複雑なオーバーライドはサポートされていません。

参考資料