Skip to main content

CORS と JSONP を使用してクロスオリジン要求を行う

クロスオリジン リソース共有 (CORS) と JSONP コールバックを使用して、ドメイン間で API 要求を行うことができます。

クロスオリジン要求について

クロスオリジン要求は、要求の送信元とは異なるドメインに対して行われた要求です。 セキュリティ上の理由から、ほとんどの Web ブラウザーではクロスオリジン要求がブロックされます。 ただし、クロスオリジン リソース共有 (CORS) と JSONP コールバックを使用して、クロスオリジン要求を行うことができます。

クロスオリジン リソース共有 (CORS)

REST API では、任意のオリジンからの AJAX 要求に対して、クロスオリジン リソース共有 (CORS) がサポートされています。 詳細については、「CORS W3C の推奨事項」と HTML 5 セキュリティ ガイドを参照してください。

http://example.com をヒットするブラウザーから送信されたサンプル要求を次に示します。

$ curl -I  -H "Origin: http://example.com"
HTTP/2 302
Access-Control-Allow-Origin: *
Access-Control-Expose-Headers: ETag, Link, x-ratelimit-limit, x-ratelimit-remaining, x-ratelimit-reset, X-OAuth-Scopes, X-Accepted-OAuth-Scopes, X-Poll-Interval

CORS プリフライトリクエストは次のようになります。

$ curl -I  -H "Origin: http://example.com" -X OPTIONS
HTTP/2 204
Access-Control-Allow-Origin: *
Access-Control-Allow-Headers: Authorization, Content-Type, If-Match, If-Modified-Since, If-None-Match, If-Unmodified-Since, X-Requested-With
Access-Control-Allow-Methods: GET, POST, PATCH, PUT, DELETE
Access-Control-Expose-Headers: ETag, Link, x-ratelimit-limit, x-ratelimit-remaining, x-ratelimit-reset, X-OAuth-Scopes, X-Accepted-OAuth-Scopes, X-Poll-Interval
Access-Control-Max-Age: 86400

JSON-P コールバック

?callback パラメーターを任意の GET 呼び出しに送信して、結果を JSON 関数でラップできます。 これは通常、ブラウザーが GitHub のコンテンツを Web ページに埋め込み、クロスドメインの問題を回避する場合に使用されます。 応答には、通常の API と同じデータ出力と、関連する HTTP ヘッダー情報が含まれます。

$ curl ?callback=foo

> /**/foo({
>   "meta": {
>     "status": 200,
>     "x-ratelimit-limit": "5000",
>     "x-ratelimit-remaining": "4966",
>     "x-ratelimit-reset": "1372700873",
>     "Link": [ // pagination headers and other links
>       ["?page=2", {"rel": "next"}]
>     ]
>   },
>   "data": {
>     // the data
>   }
> })

JavaScript ハンドラを記述して、コールバックを処理できます。 以下は、試すことができる最も簡易な例です。

<html>
<head>
<script type="text/javascript">
function foo(response) {
  var meta = response.meta;
  var data = response.data;
  console.log(meta);
  console.log(data);
}

var script = document.createElement('script');
script.src = '?callback=foo';

document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(script);
</script>
</head>

<body>
  <p>Open up your browser's console.</p>
</body>
</html>

すべてのヘッダーは HTTP ヘッダーと同じ文字列値ですが、例外として Link があります。 Link ヘッダーは事前に解析され、[url, options] タプルの配列として渡されます。

たとえば、リンクは次のようになります。

Link: <url1>; rel="next", <url2>; rel="foo"; bar="baz"

コールバック出力では次のようになります。

{
  "Link": [
    [
      "url1",
      {
        "rel": "next"
      }
    ],
    [
      "url2",
      {
        "rel": "foo",
        "bar": "baz"
      }
    ]
  ]
}