👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.20

GitHub.com プロフィールにGitHub Enterprise Server コントリビューションを伝達する

GitHub.com プロフィールにコントリビューションカウントを送ることで、GitHub Enterprise Server のあなたの作業をハイライトできます。

注釈:

  • お客様のアカウント間のコネクションは、GitHub's Privacy Statement が適用されます。また、接続を有効にしているユーザは、GitHub's Terms of Service を承諾するものとします。

  • GitHub Enterprise Server プロフィールを GitHub.com プロフィールに接続できるようにするには、サイトの管理者は、GitHub Connect を有効化し、かつ、環境間で共有するコントリビューションを有効化する必要があります。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server サイト管理者にお問い合わせください。

GitHub.com プロフィールは、過去 90 日間の GitHub Enterprise Server コントリビューションのカウントを表示します。 GitHub Enterprise Server からの GitHub Enterprise Server は 1 時間ごとに更新を送信します。 コントリビューションのカウントは、プライベートコントリビューションとみなされます。 コミットの詳細は、コントリビューションのカウントであり GitHub Enterprise Server で作成されたコントリビューションに限って表示する。

GitHub Enterprise Server および GitHub.com のエンドユーザがプライベートコントリビューションのカウントをパブリックにしたい場合、プライベートコントリビューションのカウントをパブリックにできます。 詳細は「プライベートコントリビューションをプロフィールで公開または非公開にする」を参照してください。

コントリビューションの計算方法の詳しい情報については、「プロフィールでコントリビューショングラフを管理する」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Server インスタンスとGitHub.comにサインインしてください。
  2. GitHub Enterprise Server インスタンス にあるページの右上隅でプロフィール画像をクリックしてから、[Settings] をクリックします。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  3. 左のサイドバーでGitHub Connectをクリックしてください。
    ユーザ設定サイドバー内のGitHub接続タブ
  4. Connect to GitHub.com(GitHub.comへの接続)をクリックしてください。
    GitHub Enterprise Server設定からGitHub.comへの接続
  5. GitHub.comアカウントからGitHub Enterprise Serverがアクセスするリソースをレビューし、 Authorize(承認)をクリックしてください。
    GitHub Enterprise ServerとGitHub.com間の接続の承認
  6. [Contributions] の下で、[Send my contribution counts to GitHub.com] を選択し、[Update contributions] をクリックします。
    コントリビューションを送信するチェックボックスとコントリビューション更新ボタン

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください