ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.20

コマンドラインを使用してファイルを新しい場所へ移動する

コマンドラインを使用してリポジトリ内でファイルを移動するには、元の場所でファイルを削除してから、新しい場所に追加します。

多くのファイルは GitHub Enterprise で直接移動できますが、画像など一部のファイルは、コマンドラインで移動する必要があります。

この手順は、以下が済んでいることを前提としています。

  1. リポジトリをクローンするときにコンピュータのローカルに作成したディレクトリ内で、新しい場所にファイルを移動します。
  2. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。
  3. git status を使用して、ファイルの古い場所と新しい場所をチェックします。
    $ git status
    > # On branch your-branch
    > # Changes not staged for commit:
    > #   (use "git add/rm ..." to update what will be committed)
    > #   (use "git checkout -- ..." to discard changes in working directory)
    > #
    > #     deleted:    /old-folder/image.png
    > #
    > # Untracked files:
    > #   (use "git add ..." to include in what will be committed)
    > #
    > #     /new-folder/image.png
    > #
    > # no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")
  4. コミットに備えてローカルリポジトリにファイルをステージングしてください。これにより古い場所のファイルが削除 (git rm) され、新しい場所にファイルが追加 (git add) されます。
    $ git add .
    # ファイルをローカルリポジトリに追加し、コミットするためにステージします。
    # ファイルをステージから降ろすには、'git reset HEAD YOUR-FILE' を使います。
  5. git status を使用して、コミットのステージされた変更を確認します。
    $ git status
    > # On branch your-branch
    > # Changes to be committed:
    > #   (use "git reset HEAD ..." to unstage)
    > #
    > #    renamed:    /old-folder/image.png -> /new-folder/image.png
    # コミットするためにステージされた変更を表示します。
  6. ローカルリポジトリでステージングしたファイルをコミットしてください。
    $ git commit -m "Move file to new directory"
    # 追跡された変更をコミットし、リモートリポジトリへのプッシュに備えます。
    # このコミットを削除してファイルを変更するには、'git reset --soft HEAD~1' を使い、コミットしてからファイルを再度追加してください。
  7. 使用している GitHub Enterprise Serverインスタンス へ、ローカルリポジトリの変更をプッシュします。
    $ git push origin your-branch

originとして指定したリモートリポジトリにローカルリポジトリの変更をプッシュ

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください