ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.20

リポジトリへのライセンスの追加

他の人がコントリビュートしやすくなるように、リポジトリにオープンソースライセンスを含めておくことができます。

ここには以下の内容があります:

リポジトリに見つけやすいライセンスを含めておくと、リポジトリにアクセスした人はリポジトリページの先頭ですぐに見つけることができます。 ライセンスファイル全体を読むには、ライセンスの名前をクリックします。

MIT ライセンスを持つリポジトリヘッダ

オープンソースライセンスによって、他者が自由にリポジトリ中のプロジェクトを利用、変更、配布できるようになります。 リポジトリのライセンスに関する詳しい情報についてはリポジトリのライセンスを参照してください。

リポジトリにオープンソースライセンスを含める

  1. GitHub Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. Above the list of files, click Create new file.

    "Create new file" button

  3. ファイル名フィールドで、LICENSE あるいは LICENSE.md (すべて大文字) と入力します。

  4. [Edit new file] タブで、使用したいライセンスの全文を貼り付けます。

  5. ページの下部で、ファイルに対して行った変更を説明する短く分かりやすいコミットメッセージを入力してください。 コミットメッセージでは、複数の作者にコミットを関連づけることができます。 詳しい情報については「複数の共作者を持つコミットの作成」を参照してください。

    変更のコミットメッセージ

  6. コミットメッセージフィールドの下で、コミットを追加を現在のブランチか新しいブランチから選択してください。 現在のブランチが master であれば、コミット先として新しいブランチを作成することを選択し、続いてプルリクエストを作成します。

    コミットブランチのオプション

  7. [Commit new file] をクリックします。

    ブランチへのライセンスのコミット

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください