👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.20

ユーザによるリポジトリの可視性の変更の禁止

GitHub Enterprise Server アプライアンス上で Organization が所有しているリポジトリの可視性を、メンバーが変更できないようすることができます。

メンバーがリポジトリの可視性を変更できないようにすると、パブリックなリポジトリをプライベートにしたり、プライベートなリポジトリをパブリックにしたりできるのはサイト管理者だけになります。

サイト管理者がリポジトリの作成を Organization のオーナーのみに制限している場合、メンバーはリポジトリの可視性を変更できません。 サイト管理者がメンバーのリポジトリ作成をプライベート リポジトリのみに制限している場合、メンバーはリポジトリをパブリックからプライベートに変更すること以外はできません。 詳しい情報については、「インスタンスでリポジトリ作成を制限する」を参照してください。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。

    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン

  2. 左のサイドバーでEnterpriseをクリックしてください。

    サイトアドミン設定のEnterpriseタブ

  3. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  4. " Policies(ポリシー)"の下で、Repositories(リポジトリ)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウント設定サイドバー内のリポジトリタブ

  5. [Repository visibility change] で、設定変更についての情報を確認します。 あるいは、設定を強制する前にEnterpriseアカウント内のすべてのOrganizationの現在の設定を見たいなら、 View your organizations' current configurations(Organizationの現在の設定の表示)をクリックしてください。

    ビジネス内のOrganizationの現在のポリシー設定を表示するリンク

  6. "Repository visibility change(リポジトリの可視性の変更)"の下で、ドロップダウンメニューを使ってポリシーを選択してください。

    リポジトリの可視性のポリシーの選択肢があるドロップダウンメニュー

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください