Skip to main content
We publish frequent updates to our documentation, and translation of this page may still be in progress. For the most current information, please visit the English documentation.

GitHub ユーザ名の変更

インスタンスで組み込み認証を使っている場合は、your GitHub Enterprise Server instance 上でアカウントのユーザー名を変更できます。

: LDAP 資格情報またはシングル サインオン (SSO) を使って your GitHub Enterprise Server instance にサインインする場合は、ローカル管理者のみがユーザー名を変更できます。 GitHub Enterprise Server での認証方法について詳しくは、「your GitHub Enterprise Server instance でユーザーを認証する」をご覧ください。

ユーザ名の変更について

ユーザー名は、現在使用されていない別のユーザー名に変更できます。

ユーザ名を変更すると、変更前のユーザ名は誰でも取得できるようになります。 古いユーザ名の下にあるリポジトリへの参照のほとんどが、自動で新しいユーザ名に変わります。 ただし、プロフィールへのリンクによっては、自動的にリダイレクトされません。

GitHub Enterprise Server は、次のリダイレクトを設定できません:

  • @mentions 古いユーザー名を使用する
  • 古いユーザー名を含む gists へのリンク

GitHub Packages レジストリに格納されているパッケージまたはコンテナー イメージがアカウントの名前空間に含まれている場合、該当するパッケージとコンテナー イメージは GitHub によって新しい名前空間に転送されます。 アカウントの名前を変更すると、これらのパッケージに依存しているプロジェクトが中断される可能性があります。

リポジトリ参照

ユーザ名を変更した後、GitHub Enterprise Server は自動的にあなたのリポジトリへの参照をリダイレクトします。

  • 既存のリポジトリへの Web リンクは引き続き機能します。 変更を加えてから完了するまでに数分かかることがあります。
  • ローカルリポジトリのクローンから古いリモートトラッキング URL へのコマンドラインプッシュは引き続き機能します。

古いユーザ名の新しい所有者が、あなたのリポジトリと同じ名前のリポジトリを作成すると、リダイレクトエントリが上書きされ、リダイレクトは機能しなくなります。 こうしたことが起こることを防ぐため、ユーザ名を変更したら、既存のすべてのリモートリポジトリ URL を更新することをお勧めします。 詳細については、「リモート リポジトリを管理する」を参照してください。

前のプロフィールページにリンクする

ユーザー名を変更すると、前のプロファイル ページへのリンク (例: https://[hostname]/previoususername) で 404 エラーが返されます。 他の場所から your GitHub Enterprise Server instance 上の自分のアカウントへのすべてのリンクを、更新することをお勧めします。

Git コミット

あなたの Git コミットが、 GitHub アカウントに追加した別のメールアドレスに関連付けられている場合、ユーザー名を変更した後も、それらは引き続きあなたに帰属し、あなたのコントリビューション グラフに表示されます。 メール アドレスの設定の詳細については、「コミッ トメール アドレスを設定する」を参照してください。

自分の gist

ユーザー名を変更すると、パブリックまたはシークレットの gist への URL も変更され、これらに対する以前のリンクからは 404 エラーが返るようになります。 共有している可能性があるすべての場所で、これらの gist へのリンクを更新することをお勧めします。

ユーザ名を変更する

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. 左側のサイド バーで、 [ アカウント] をクリックします。

  3. [ユーザー名の変更] セクションで、 [ユーザー名の変更] をクリックします。 [ユーザー名の変更] ボタン

参考資料