Skip to main content

GitHub PagesサイトのJekyllビルドエラーについて

ローカルで、またはGitHub Enterprise Server上でGitHub Pagesサイトをビルド中にJekyllでエラーが発生した場合には、詳細情報を伴うエラーメッセージが示されます。

GitHub Pagesは、GitHub Free及びOrganizationのGitHub Freeのパブリックリポジトリ、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverのパブリック及びプライベートリポジトリで利用できます。

Jekyllのビルドエラーについて

場合によっては、サイトの公開元に変更をプッシュした後で、GitHub Pages によってサイトのビルドが試みられないことがあります。

  • デプロイキーでプッシュしている。 サイトのリポジトリへのプッシュを自動化する場合は、かわりにマシンユーザーを設定できます。 詳細については、「デプロイ キーの管理」を参照してください。
  • 公開元をビルドするようにCIサービスを設定していない。 たとえば、Travis CI は、ブランチをセーフ リストに追加しない限り、gh-pages ブランチをビルドしません。 詳細については、Travis CI の「ビルドのカスタマイズ」またはお使いの CI サービスのドキュメントを参照してください。

注: サイトに対する変更は、その変更を GitHub Enterprise Server にプッシュしてから公開されるまでに、最大 10 分かかることがあります。

Jekyll がサイトのビルドを試行せず、エラーが発生した場合は、ビルド エラー メッセージが表示されます。 Jekyll ビルドエラーメッセージには主に 2 つのタイプがあります。

  • 「Page build warning」メッセージは、ビルドは成功したものの、今後問題が生じないようにするために変更を行なう必要がある可能性が存在することを意味します。
  • 「Page build failed」メッセージは、ビルドが完了できなかったことを意味します。 Jekyll が失敗の理由を検出できた場合、説明を含むエラーメッセージが表示されます。

ビルド エラーのトラブルシューティングの詳細については、「GitHub Pages サイトの Jekyll ビルド エラーのトラブルシューティング」を参照してください。

GitHub Enterprise Server上のリポジトリのビルド失敗の表示

GitHub Enterprise Server 上のサイトのビルドの失敗については、サイトのリポジトリの、 [Settings](設定) タブに表示されます (ただし、ビルドの警告については表示されません) 。

ローカルでのJekyllビルドエラーメッセージの表示

サイトのテストをローカルで行なうことをお勧めします。それにより、ビルドエラーメッセージをコマンドラインで表示でき、変更を GitHub Enterprise Server にプッシュする前に、あらゆるビルドエラーに対処できます。 詳細については、「GitHub Pages サイトを Jekyll でローカルでテストする」を参照してください。

Pull Request中でのJekyllのビルドエラーメッセージの表示

ときに、pull request の [チェック] タブにビルド エラー メッセージが表示される場合があります。 詳細については、「ステータスチェックについて」を参照してください。

メールでのJekyllのビルドエラーメッセージの表示

ときに、GitHub Pages によって、サイトのビルドが試みられます。 ビルドが失敗すると、プライマリメールアドレスにメールが送信されます。

You will only receive an email if outbound email support is enabled on your GitHub Enterprise Server instance. For more information, contact your site administrator.

サードパーティCIサービスでのPull Request中でのJekyllのビルドエラーメッセージの表示

各コミット後にエラー メッセージを表示するように、Travis CI などのサードパーティのサービスを構成できます。

  1. 公開ソースのルートに、以下の内容で Gemfile と呼ばれるファイルをまだ追加していない場合は、追加します。

    source `https://rubygems.org`
    gem `github-pages`
    
  2. 選択したテストサービス用にサイトのリポジトリを設定します。 たとえば、Travis CI を使用するには、公開ソースのルートに .travis.yml という名前のファイルを追加し、次の内容を含めます。

    language: ruby
    rvm:
      - 2.3
    script: "bundle exec jekyll build"
    
  3. サードパーティのテストサービス内で、リポジトリを有効にする必要があるかもしれません。 詳しい情報については、お使いのテストサービスのドキュメンテーションを参照してください。