Skip to main content

GitHub Pages サイトの公開元を設定する

GitHub Pages サイトに既定の公開元を使用すると、サイトは自動的に発行されます。 別のブランチまたはフォルダーからサイトを公開するように選択することもできます。

Who can use this feature

People with admin or maintainer permissions for a repository can configure a publishing source for a GitHub Pages site.

GitHub Pagesは、GitHub Free及びOrganizationのGitHub Freeのパブリックリポジトリ、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverのパブリック及びプライベートリポジトリで利用できます。

公開元について

GitHub Pages サイトは、変更が特定のブランチにプッシュされるたびに公開されます。 公開ソースとして使用するブランチとフォルダーを指定できます。 ソース ブランチにはリポジトリ内の任意のブランチを指定でき、ソース フォルダーにはソース ブランチのリポジトリ (/) のルートまたはソース ブランチの /docs フォルダーのいずれかを指定できます。 変更がソース ブランチにプッシュされるたびに、ソース フォルダー内の変更が GitHub Pages サイトに公開されます。

警告: サイト管理者がパブリック ページを有効にしている場合、サイトのリポジトリがプライベートまたは内部であっても、GitHub Pages サイトはインターネット上で一般公開されます。 サイトのリポジトリにセンシティブなデータがあるなら、公開前にそのデータを取り除くのが良いでしょう。 詳細については、「エンタープライズで GitHub Pages を構成する」および「リポジトリについて」を参照してください。

ブランチからの公開

  1. 公開元として使用するブランチがリポジトリ内に既に存在していることを確認します。
  2. GitHub Enterprise Serverで、サイトのリポジトリにアクセスしてください。 1. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン
  3. In the "Code and automation" section of the sidebar, click Pages.
  4. "GitHub Pages" で、 [None](なし) または [Branch](ブランチ) ドロップダウン メニューを使用し、公開ソースを選択します。 公開元を選択するドロップダウン メニュー
  5. 必要に応じて、ドロップダウンメニューで発行元のフォルダを選択します。 公開ソースのフォルダーを選択するドロップダウンメニュー
  6. [保存] をクリックします。 公開ソースの設定の変更を保存するボタン

ブランチからの公開のトラブルシューティング

: サイトが自動的に公開されていない場合は、管理者アクセス許可と検証済みの電子メール アドレスを持つユーザーが公開ソースにプッシュしていることを確認してください。

公開ソースとして任意のブランチの docs フォルダーを選択し、後でリポジトリ内のそのブランチから /docs フォルダーを削除した場合、サイトはビルドされず、見つからない /docs フォルダーのページ ビルド エラー メッセージが表示されます。 詳細については、「GitHub Pages サイトの Jekyll ビルド エラーのトラブルシューティング」を参照してください。