Skip to main content

About two-factor authentication

2 要素認証(2FA) は、Web サイトあるいはアプリケーションにログインする際に使われる追加のセキュリティレイヤーです。 With 2FA, you have to log in with your username and password and provide another form of authentication that only you know or have access to.

For GitHub Enterprise Server, the second form of authentication is a code that's generated by an application on your mobile device. After you enable 2FA, GitHub Enterprise Server generates an authentication code any time someone attempts to sign into your account on your GitHub Enterprise Server instance. The only way someone can sign into your account is if they know both your password and have access to the authentication code on your phone.

2FA を構成した後、時間ベースのワンタイム パスワード (TOTP) モバイル アプリ を使用して、指紋リーダーや Windows Hello などのセキュリティ キーを追加できます。 セキュリティキーを使用した認証を可能にする技術は、WebAuthnと呼ばれます。 WebAuthnはU2Fの後継であり、現代的なすべてのブラウザーで動作します。 詳細については、「WebAuthn」と使用できるかに関するページを参照してください。

You can also configure additional recovery methods in case you lose access to your two-factor authentication credentials. For more information on setting up 2FA, see "Configuring two-factor authentication" and "Configuring two-factor authentication recovery methods."

We strongly urge you to enable 2FA for the safety of your account, not only on GitHub Enterprise Server, but on other websites and apps that support 2FA. You can enable 2FA to access GitHub Enterprise Server and GitHub Desktop.

For more information, see "Accessing GitHub using two-factor authentication."

Two-factor authentication recovery codes

2要素認証を設定する際には、2FAリカバリコードをダウンロードして保存することになります。 電話が使えなくなった場合は、リカバリコードを使ってGitHub Enterprise Serverに認証を受けることができます。 For more information, see "Recovering your account if you lose your 2FA credentials."

Requiring two-factor authentication in your organization

Organization owners can require that organization members and outside collaborators use two-factor authentication to secure their personal accounts. For more information, see "Requiring two-factor authentication in your organization."

2FAをサポートする認証方式

認証方法説明2要素認証のサポート
組み込み認証は GitHub Enterprise Server アプライアンスに保存されている個人アカウントに対して行われます。GitHub Enterprise Serverアプライアンスでサポートされ、管理されます。 Organizationの管理者は、Organizationのメンバーに対して2FAの有効化を要求できます。
アイデンティティプロバイダ付きのビルトイン認証認証は、ID プロバイダーに保存されているアカウントに対して行われます。アイデンティティプロバイダに依存します。
LDAP会社のディレクトリサービスとの認証のインテグレーションができます。GitHub Enterprise Serverアプライアンスでサポートされ、管理されます。 Organizationの管理者は、Organizationのメンバーに対して2FAの有効化を要求できます。
SAML認証は外部のアイデンティティプロバイダに対して行われます。GitHub Enterprise Server上ではサポートあるいは管理されませんが、外部の認証プロバイダではサポートされることがあります。 Organizationでの2要素認証の強制はできません。
CAS外部のサーバーによってシングルサインオンサービスが提供されます。GitHub Enterprise Server上ではサポートあるいは管理されませんが、外部の認証プロバイダではサポートされることがあります。 Organizationでの2要素認証の強制はできません。