Skip to main content

個人用アクセス トークンの作成

コマンドラインまたは API を使うと、パスワードの代わりに使用する個人用アクセス トークンを作成できます。

注:

  • GitHub CLI を使用してコマンド ラインで GitHub Enterprise Server に対して認証を行う場合は、個人用アクセス トークンの生成をスキップして、代わりに Web ブラウザー経由で認証できます。 GitHub CLI を使用した認証の詳細については、「gh auth login」を参照してください。
  • Git Credential Manager は、個人用アクセス トークン (PAT) の代わりに使用できる、セキュリティで保護されたクロスプラットフォームのツールであり、PAT スコープと有効期限を管理する必要がなくなります。 詳細については、GitCredentialManager/git-credential-manager リポジトリの「Download and install (ダウンロードとインストール)」を参照してください。

個人用アクセス トークン (PAT) は、GitHub API またはコマンド ラインを使用する場合に、GitHub Enterprise Server に対する認証でパスワードの代わりに使用できます。

スコープが割り当てられていないトークンでは、パブリック情報にのみアクセスできます。 トークンを使用してコマンドラインからリポジトリにアクセスするには、[repo] を選択します。 詳細については、「Available scopes (使用可能なスコープ)」を参照してください。

トークンを作成する

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. In the left sidebar, click Developer settings.

  3. 左側のサイドバーで、 [個人用アクセス トークン] を選択します。 個人用アクセス トークン 1. [新しいトークンの生成] をクリックします。 [新しいトークンの生成] ボタン

  4. トークンにわかりやすい名前を付けます。 トークン記述フィールド

  5. トークンに有効期限を設定するには、 [有効期限] ドロップダウン メニューを選択し、既定をクリックするか、カレンダー ピッカーを使用します。 トークンの有効期限フィールド

  6. このトークンに付与するスコープ、すなわち権限を選択します。 トークンを使用してコマンドラインからリポジトリにアクセスするには、 [リポジトリ] を選択します。 トークンのスコープの選択

  7. [トークンの生成] をクリックします。 [Generate token](トークンの生成) ボタン 新しく作成されたトークン

    警告: トークンはパスワードと同様に取り扱い、秘密にしてください。 API を操作する場合は、トークンをプログラムにハードコーディングするのではなく、環境変数として使用してください。

コマンドラインでトークンを使用する

トークンを入手したなら、HTTPS経由でGitの操作をする際にパスワードの代わりにそのトークンを入力できます。

たとえば、コマンドラインでは以下のように入力できます。

$ git clone https://ホスト名/username/repo.git
Username: your_username
Password: your_token

個人アクセストークンは HTTPS Git 操作だけにしか使用できません。 リポジトリで SSH リモート URL が使用されている場合は、リモートを SSH から HTTPS に切り替える必要があります。

ユーザ名とパスワードの入力を求められない場合、資格情報がコンピュータにキャッシュされている可能性があります。 キーチェーンの資格情報を更新して、古いパスワードをトークンに置き換えることができます。

HTTPS での Git 操作ごとに PAT を手動で入力する代わりに、Git クライアントを使用して PAT をキャッシュできます。 Git では、有効期限が経過するまで、資格情報をメモリに一時的に格納します。 また、Git ですべての要求の前に読み取ることができるプレーンテキスト ファイルにトークンを格納することもできます。 詳細については、「Git に GitHub の認証情報をキャッシュする」を参照してください。

参考資料