Skip to main content

OrganizationのProject boardの権限

Organizationのオーナーとproject boardの管理権限を持つユーザは、Organizationのproject boardsへの読み取り、書き込み、管理権限を持つ人ををカスタマイズできます。

権限の概要

人とTeamに対しては、project boardに3つのレベルの権限があります。

  • Read, which gives people permission to view a project board.
  • Write, which gives people permission to view a project board, link repositories to a project board, and interact with a project board. For more information, see "Linking a repository to a project board."
  • Admin, which gives people permission to view a project board, interact with a project board, manage project board settings, and manage other people's access to the project board.

Organization のオーナーと、管理者権限を持つユーザーは、外部コラボレーターまたは Organization メンバーとして、またはTeamやOrganizationのメンバーシップを通じて、Organizationのproject boardに対するユーザーのアクセス権を個々に付与することができます。 外部コラボレーターとは、Organization のメンバーではないが、Organization でコラボレーションの権限を付与されたユーザーのことです。

Organizationのオーナーとproject boardの管理権限を持つユーザは、以下のこともできます。

project boardsのカスケード権限

If a person has multiple avenues of access to an organization project board (individually, through a team, or as an organization member), the highest project board permission level overrides lower permission levels.

たとえば、Organization のオーナーが、あるproject boardに対する読み取り権限をOrganizationのすべてのメンバーに付与しており、project boardの管理者が同じボードに対する書き込み権限をOrganization のメンバーに個別のコラボレーターとして付与している場合、そのユーザーはそのproject boardに対する書き込み権限を持つことになります。

Project boardの可視性

By default, user-owned and organization-wide project boards are private and only visible to people with read, write, or admin permissions to the project board. A public project board is visible to anyone with the project board's URL. Repository-level project boards share the visibility of their repository. That is, a private repository will have a private project, and this visibility cannot be changed.project boardの可視性をプライベートからパブリックに変更したり、元に戻したりすることができます。 詳しい情報については「project boardの可視性の変更」を参照してください。

参考リンク