Skip to main content

Organizationについて

Organizationは、洗練されたセキュリティと管理機能を備えた、企業とオープンソースプロジェクトが多くのプロジェクトに渡って協力しあえる共有アカウントです。

Organizationについて

Your team can collaborate on GitHub Enterprise Server by using an organization account, which serves as a container for your shared work and gives the work a unique name and brand.

Each person that uses GitHub always signs into a personal account, and multiple personal accounts can collaborate on shared projects by joining the same organization account. A subset of these personal accounts can be given the role of organization owner, which allows those people to granularly manage access to the organization's resources using sophisticated security and administrative features. アカウントの種類に関する詳しい情報については「GitHubアカウントの種類」を参照してください。

組織に参加してもらうよう、人数に制限無く招待をして、それらのOrganizationメンバーに、Organizationとそのデータに対して様々なレベルのアクセスを付与する様々なロールを与えることができます。 詳しい情報については「Organization内のロール」を参照してください。

Organizationそのものへのアクセスの管理に加え、別個にOrganizationのリポジトリ、プロジェクトボード、アプリケーションへのアクセスも管理できます。 詳しい情報については「Organizationのリポジトリロール」、「Organizationのプロジェクトボードの権限」、「Organizationのアプリケーションへのアクセス管理」を参照してください。

アクセス管理をシンプルにし、コラボレーションを拡大するために、カスケードされた権限とメンションを持つ、グループの構造を反映した入れ子チームを作成できます。 詳細は「Team について」を参照してください。

メンバーが作成できるリポジトリの種類の制限などの設定を管理することによって、自分のグループ特有の要求を満たすようにOrganizationを設定できます。 詳しい情報については「Organizationの設定の管理」を参照してください。

Organizationのセキュリティを強化するために、セキュリティの要件を適用し、OrganizationのAudit logをレビューできます。 詳しい情報については「Organizationをセキュアに保つ」を参照してください。

一人のOrganizationオーナーによってメンテナンスされ、管理されているプロジェクトは、そのOrganizationオーナーが不在になると、簡単にアクセスできなくなってしまいます。 Organizationには、オーナー権限を持つ人を最低でも2人置き、プロジェクトへのアクセスが失われないようにすることをおすすめします。詳細は、「Organization の所有権の継続性を管理する」を参照してください。

Organization と Enterprise アカウント

EnterpriseオーナーはEnterpriseアカウント内のすべてのOrganizationに対するポリシーを設定するか、OrganizationのオーナーにOrganizationレベルでポリシーを設定できるよう許可することができます。 Organization のオーナーは、Enterprise アカウントのレベルで Organization に強制された設定を変更することはできません。 Organization のポリシーや設定について質問がある場合は Enterprise アカウントのオーナーに問い合わせてください。