Skip to main content

Enabling the dependency graph for your enterprise

依存関係グラフを有効にすることによって、ユーザが自分のプロジェクトの依存関係を特定できるようになります。

Site administrators can enable the dependency graph.

依存関係グラフについて

依存関係グラフは、リポジトリに保存されているマニフェスト及びロックファイルのまとめです。 それぞれのリポジトリにおいて、依存関係グラフは以下を表示します。依存関係、すなわちリポジトリが依存するエコシステムとパッケージ。 GitHub Enterprise Serverは、リポジトリに依存する対象、リポジトリ、パッケージに関する情報を計算しません。 For more information, see "About the dependency graph"

After you enable the dependency graph for your enterprise, you can enable Dependabot to detect insecure dependencies in your repository and automatically fix the vulnerabilities. 詳しい情報については「EnterpriseでのDependabotの有効化」を参照してください。

You can enable the dependency graph via the Management Console or the administrative shell. We recommend using the Management Console unless GitHub Enterprise Serverインスタンス uses clustering.

Enabling the dependency graph via the Management Console

If your GitHub Enterprise Serverインスタンス uses clustering, you cannot enable the dependency graph with the Management Console and must use the administrative shell instead. For more information, see "Enabling the dependency graph via the administrative shell."

  1. http(s)://HOSTNAME/loginでGitHub Enterprise Serverインスタンスにサインインしてください。

  2. From an administrative account on GitHub Enterprise Server, in the upper-right corner of any page, click .

    Screenshot of the rocket ship icon for accessing site admin settings

  3. If you're not already on the "Site admin" page, in the upper-left corner, click Site admin.

    Screenshot of "Site admin" link

  4. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ

  5. 左のサイドバーでSecurity(セキュリティ)をクリックしてください。 Security sidebar

  6. Under "Security," click Dependency graph. Checkbox to enable or disable the dependency graph

  7. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。

    Screenshot of the save settings button in the Management Console

    Note: Saving settings in the Management Console restarts system services, which could result in user-visible downtime.

  8. 設定が完了するのを待ってください。

    インスタンスの設定

  9. Visit your instance(インスタンスへのアクセス)をクリックしてください。

Enabling the dependency graph via the administrative shell

  1. http(s)://HOSTNAME/loginでGitHub Enterprise Serverインスタンスにサインインしてください。

  2. In the administrative shell, enable the dependency graph on GitHub Enterprise Serverインスタンス:

    ghe-config app.dependency-graph.enabled true

    Note: For more information about enabling access to the administrative shell via SSH, see "Accessing the administrative shell (SSH)."

  3. 設定を適用します。

    $ ghe-config-apply
  4. GitHub Enterprise Serverに戻ります。