Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Choosing the runner for a job

Define the type of machine that will process a job in your workflow.

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

概要

jobs.<job_id>.runs-onを使って、ジョブを実行するマシンのタイプを定義してください。 runs-onは単一の文字列として、あるいは文字列の配列として渡せます。 文字列の配列を指定した場合、ワークフローは指定されたすべてのruns-onの値にラベルがマッチしたセルフホストランナーが利用可能であれば、そのランナーで実行されます。 複数のマシン上でワークフローを実行したいのであれば、jobs.<job_id>.strategyを使ってください。

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

GitHubホストランナーの選択

GitHubホストランナーを使う場合、それぞれのジョブはruns-onで指定された仮想環境の新しいインスタンスで実行されます。

利用可能なGitHubホストランナーの種類は以下のとおりです。

仮想環境 YAMLのワークフローラベル 注釈
Windows Server 2022 windows-latestもしくはwindows-2022 The windows-latest label currently uses the Windows Server 2022 runner image.
Windows Server 2019 windows-2019
Ubuntu 22.04 ubuntu-22.04 Ubuntu 22.04 is currently in public beta.
Ubuntu 20.04 ubuntu-latestまたはubuntu-20.04
Ubuntu 18.04 ubuntu-18.04
macOS Monterey 12 macos-12
macOS Big Sur 11 macos-latestもしくはmacos-11 The macos-latest label currently uses the macOS 11 runner image.
macOS Catalina 10.15 macos-10.15

Note: The -latest virtual environments are the latest stable images that GitHub provides, and might not be the most recent version of the operating system available from the operating system vendor.

Note: Beta and Deprecated Images are provided "as-is", "with all faults" and "as available" and are excluded from the service level agreement and warranty. Beta Images may not be covered by customer support.

例: オペレーティングシステムの指定

runs-on: ubuntu-latest

詳しい情報については「GitHubホストランナーの仮想環境」を参照してください。

セルフホストランナーの選択

ジョブでセルフホストランナーを指定するには、ワークフローファイル中でセルフホストランナーのラベルでruns-onを設定してください。

All self-hosted runners have the self-hosted label. Using only this label will select any self-hosted runner. To select runners that meet certain criteria, such as operating system or architecture, we recommend providing an array of labels that begins with self-hosted (this must be listed first) and then includes additional labels as needed. When you specify an array of labels, jobs will be queued on runners that have all the labels that you specify.

Although the self-hosted label is not required, we strongly recommend specifying it when using self-hosted runners to ensure that your job does not unintentionally specify any current or future GitHub-hosted runners.

例: ランナーの選択にラベルを使用

runs-on: [self-hosted, linux]

詳しい情報については「セルフホストランナーについて」及び「ワークフロー内でのセルフホストランナーの利用」を参照してください。