Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

使用制限、支払い、管理

GitHub Actions ワークフローには使用制限があります。 使用料は、リポジトリの無料の時間とストレージの量を超えるリポジトリに適用されます。

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

GitHub Actionsの支払いについて

GitHub Actionsは、コードを保存するのと同じ場所でソフトウェア開発のワークフローを自動化し、プルリクエストやIssueで協力することを支援します。 個々のタスクを書き、アクションを呼び出し、それらを組み合わせてカスタムのワークフローを作成できます。 For more information, see "Understanding GitHub Actions" and "About GitHub Actions for enterprises."

GitHub Actions usage is free for GitHub Enterprise Server instances that use self-hosted runners. 詳しい情報については「セルフホストランナーについて」を参照してください。

使用制限

使用制限は、セルフホストランナーに適用されます。 詳しい情報については「セルフホストランナーについて」を参照してください。

Billing for reusable workflows

If you reuse a workflow, billing is always associated with the caller workflow. Assignment of GitHub-hosted runners is always evaluated using only the caller's context. The caller cannot use GitHub-hosted runners from the called repository.

For more information see, "Reusing workflows."

成果物とログの保持ポリシー

リポジトリ、Organization、または Enterprise アカウントの成果物とログの保持期間を設定できます。

デフォルトでは、ワークフローによって生成された成果物とログファイルは、90日間保持された後自動的に削除されます。 You can change this retention period to anywhere between 1 day or 400 days.

保持期間をカスタマイズした場合、適用されるのは新しい成果物とログファイルに対してであり、既存のオブジェクトにさかのぼっては適用されません。 管理されたリポジトリ及びOrganizationについては、最大の保持期間は管理するOrganizationあるいはEnterpriseによって設定された上限を超えることはできません。

詳しい情報については、以下を参照してください。

リポジトリあるいはOrganizationでのGitHub Actionsの無効化もしくは制限

By default, after GitHub Actions is enabled on GitHub Enterprise Serverインスタンス, it is enabled on all repositories and organizations. You can choose to disable GitHub Actions or limit it to actions in your enterprise.

詳しい情報については、以下を参照してください。

ワークフローの無効化と有効化

GitHub のリポジトリで個々のワークフローを有効化または無効化できます。

不必要なワークフローの実行を避けるために、スケジュールされたワークフローは自動的に無効化できます。 パブリックリポジトリがフォークされると、スケジュールされたワークフローはデフォルトで無効化されます。 パブリックリポジトリでは、60日間にリポジトリにアクティビティがなかった場合、スケジュールされたワークフローは自動的に無効化されます。

詳しい情報については、「ワークフローの無効化と有効化」を参照してください。