Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

認証のないサインアップの無効化

If you're using built-in authentication for GitHub Enterprise Serverインスタンス, you can block unauthenticated people from creating new user accounts on your instance.

Site administrators can disable unauthenticated sign-ups on a GitHub Enterprise Server instance.

About unauthenticated sign-ups

When you use built-in authentication for GitHub Enterprise Serverインスタンス, each person creates a personal account from an invitation or by signing up. By default, people who can access your instance while unauthenticated can create a new personal account on your instance. You can disable unauthenticated sign-ups and require an invitation to create a new user account on your instance.

Alternatively, you can configure external authentication for GitHub Enterprise Serverインスタンス. If you use external authentication, you must invite people to use your instance through your authentication provider. 詳しい情報については「Enterpriseでの認証について」を参照してください。

認証のないサインアップの無効化

  1. From an administrative account on GitHub Enterprise Server, in the upper-right corner of any page, click .

    Screenshot of the rocket ship icon for accessing site admin settings

  2. If you're not already on the "Site admin" page, in the upper-left corner, click Site admin.

    Screenshot of "Site admin" link

  3. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ

  4. 左のサイドバーでPrivacy(プライバシー)をクリックしてください。 設定サイドバーのプライバシータブ

  5. Enable sign-up(サインアップの有効化)の選択を外してください。 [Enable sign-up] チェックボックス

  6. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。

    Screenshot of the save settings button in the Management Console

    Note: Saving settings in the Management Console restarts system services, which could result in user-visible downtime.

  7. 設定が完了するのを待ってください。

    インスタンスの設定