Skip to main content

プライベートモードの有効化

プライベートモードでは、GitHub Enterprise Server はインストールにアクセスするすべてのユーザーにサインインを求めます。

GitHub Enterprise Serverインスタンスがインターネット経由でパブリックにアクセス可能になっている場合、プライベートモードを有効化しなければなりません。 プライベートモードでは、ユーザはgit://経由でリポジトリを匿名クローンすることはできません。 ビルトイン認証も有効化されている場合、新しいユーザがインスタンスにアカウントを作成するには管理者が招待しなければなりません。 詳しい情報については、「ビルトイン認証の設定」を参照してください。

警告: Pull RequestやIssueのコメントに画像を添付した場合、その匿名の画像URLは認証なしに誰でも見ることができます。これは、そのPull Requestがプライベートリポジトリ内にあったり、プライベートモードが有効化されていてもです。 認証なしでの画像へのアクセスを避けるには、GitHub Enterprise Serverインスタンスを含む、画像を提供するシステムへのネットワークアクセスを確実に制限してください。

プライベートモードを有効にすると、認証されていない Git 操作 (および GitHub Enterprise Serverインスタンス へのネットワークアクセス権を所有する人) に、匿名 Git 読み取りアクセスを有効にしたインスタンスで、パブリックリポジトリのコードの読み取りを許可できます。 詳しい情報については管理者にパブリックリポジトリの匿名Git読み取りアクセスの有効化を許可するを参照してください。

  1. From an administrative account on GitHub Enterprise Server, in the upper-right corner of any page, click .

    Screenshot of the rocket ship icon for accessing site admin settings

  2. If you're not already on the "Site admin" page, in the upper-left corner, click Site admin.

    Screenshot of "Site admin" link

  3. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ

  4. 左のサイドバーでPrivacy(プライバシー)をクリックしてください。 設定サイドバーのプライバシータブ

  5. Private mode(プライベートモード)を選択してください。 プライベートモードを有効にするためのチェックボックス

  6. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。

    Screenshot of the save settings button in the Management Console

    Note: Saving settings in the Management Console restarts system services, which could result in user-visible downtime.

  7. 設定が完了するのを待ってください。

    インスタンスの設定