Skip to main content

Re-running workflows and jobs

この記事では、次の項目が扱われます。

You can re-run a workflow run up to 30 days after its initial run.

Who can use this feature

People with write permissions to a repository can re-run workflows in the repository.

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

About re-running workflows and jobs

Re-running a workflow uses the same GITHUB_SHA (commit SHA) and GITHUB_REF (Git ref) of the original event that triggered the workflow run. You can re-run a workflow for up to 30 days after the initial run.

Re-running all the jobs in a workflow

  1. your GitHub Enterprise Server instance で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下の [Actions] (アクション) をクリックします。 メインのリポジトリ ナビゲーション内の [Actions](アクション) タブ

  3. 左サイドバーで、表示するワークフローをクリックします。 左サイドバーのワークフロー リスト

  4. ワークフロー実行の一覧で実行の名前をクリックすると、ワークフロー実行の概要が表示されます。

    ワークフローの実行の名前

  5. In the upper-right corner of the workflow, use the Re-run jobs drop-down menu, and select Re-run all jobs. Re-run checks drop-down menu

GitHub CLI の詳細については、「GitHub CLI について」を参照してください。

To re-run a failed workflow run, use the run rerun subcommand. Replace run-id with the ID of the failed run that you want to re-run. If you don't specify a run-id, GitHub CLI returns an interactive menu for you to choose a recent failed run.

gh run rerun run-id

To view the progress of the workflow run, use the run watch subcommand and select the run from the interactive list.

gh run watch