Skip to main content

Re-running workflows and jobs

You can re-run a workflow run up to 30 days after its initial run.

People with write permissions to a repository can re-run workflows in the repository.

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

About re-running workflows and jobs

Re-running a workflow uses the same GITHUB_SHA (commit SHA) and GITHUB_REF (Git ref) of the original event that triggered the workflow run. You can re-run a workflow for up to 30 days after the initial run.

Re-running all the jobs in a workflow

  1. GitHub Enterprise Serverインスタンスで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. Under your repository name, click Actions. メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ

  3. 左のサイドバーで、表示させたいワークフローをクリックしてください。 左サイドバーのワークフローのリスト

  4. From the list of workflow runs, click the name of the run to see the workflow run summary.

    ワークフローの実行の名前

  5. ワークフローの右上隅にある [Re-run jobs] ドロップダウンメニューを使用して、[Re-run all jobs] を選択します。 [Re-run checks] ドロップダウンメニュー

GitHub CLIについてさらに学ぶには、「GitHub CLIについて」を参照してください。

失敗したワークフローの実行を再実行するには、run rerun サブコマンドを使用します。 run-id を、再実行する失敗した実行の ID に置き換えます。 run-id を指定しない場合、GitHub CLI は、最近失敗した実行を選択するためのインタラクティブメニューを返します。

gh run rerun run-id

ワークフロー実行の進行状況を表示するには、run watch サブコマンドを使用して、インタラクティブリストから実行を選択します。

gh run watch