OAuth トークンを使用した Git の自動化

OAuthトークンを使用して、自動化されたスクリプトを介して GitHub Enterprise Server を操作できます。

ステップ 1: OAuth トークンを取得する

アプリケーション設定ページで個人アクセストークンを作成します。 詳しい情報については、「個人アクセストークンを作成する」を参照してください。

ヒント: 認可されたインテグレーションを定期的にレビューすることをおすすめします。 しばらくの間使われていないアプリケーションやトークンは削除してください。 詳しい情報については「認可されたインテグレーションのレビュー」を参照してください。

ステップ 2: リポジトリをクローンする

トークンを入手したなら、HTTPS経由でGitの操作をする際にパスワードの代わりにそのトークンを入力できます。

たとえば、コマンドラインでは以下のように入力できます。

$ git clone https://hostname/username/repo.git
Username: your_username
Password: your_token

これらのプロンプトを回避するには、Git パスワードキャッシュを使用できます。 詳しい情報については、「Git に GitHub 認証情報をキャッシュする」を参照してください。

警告: トークンには読み取り/書き込みアクセス権限があるため、パスワードのように慎重に扱う必要があります。 リモートをクローンまたは追加する際にクローン URL にトークンを入力すると、Git によって .git/config ファイルにプレーンテキストで書き込まれます。これはセキュリティ上のリスクとなります。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?