Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

GitHub CLI クイックスタート

この記事では、次の項目が扱われます。

GitHub CLI を使用して、コマンド ラインで GitHub を操作します。

GitHub CLI について

GitHub CLI は、コンピューターのコマンド ラインから GitHub を使用するためのオープン ソース ツールです。 コマンドラインから作業しているときは、GitHub CLI を使用して時間を節約し、コンテキストの切り替えを回避できます。

作業の開始

  1. macOS、Windows、または Linux に GitHub CLI をインストールします。

  2. コマンド ラインで、GitHub に対して認証します。

    gh auth login

    your GitHub Enterprise Server instance に対して認証するには、--hostname フラグを使用します。

    gh auth login --hostname hostname
  3. コマンド ラインで GitHub の操作を開始します。 たとえば、gh issue status または gh issue list --assignee @me を使用して、作業する Issue を見つけます。 gh pr create を使用してプルリクエストを作成します。 gh pr checkoutgh pr diffgh pr review を使用してプルリクエストを確認します。

次の手順

  • テキスト エディターを開くコマンドで使用されるテキスト エディターを GitHub CLI に指定します。 たとえば、gh config set editor "code -w" を入力して、優先するテキスト エディターに Visual Studio Code を設定します。 詳細については、「gh config set」を参照してください。

  • よく実行するコマンドのエイリアスを定義します。 たとえば、gh alias set prd "pr create --draft" を実行した場合、gh prd を実行すると、下書きのプルリクエストをすばやく開くことができるようになります。 詳細については、「gh alias」を参照してください。

  • GitHub CLI 拡張機能を使用して、カスタム コマンドを作成または追加します。 詳細については、「GitHub CLI 拡張機能の使用」および「GitHub CLI 拡張機能の作成」を参照してください。

  • GitHub CLI で実行できるすべてのコマンドの詳細については、「GitHub CLI リファレンス」を参照してください。