Skip to main content

リポジトリの依存関係を調べる

依存関係グラフを使用すると、プロジェクトが依存しているパッケージを確認できます。 また、その依存関係で脆弱性が検出されると、それも表示されます。

依存関係グラフの表示

依存関係グラフには、リポジトリの依存関係が表示されます。 依存関係の検出と、サポートされているエコシステムについては、「依存関係グラフについて」をご覧ください。

  1. お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下にある [分析情報] をクリックします。

    リポジトリのメイン ページのスクリーンショット。 水平ナビゲーション バーでは、グラフ アイコンと [分析情報] というラベルが付いたタブが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. 左側のサイドバーで、 [Dependency graph] (依存関係グラフ) をクリックします。

    [依存関係グラフ] タブのスクリーンショット。タブはオレンジ色の枠線で強調されています。

Enterprise 所有者は、Enterprise レベルで依存関係グラフを構成することができます。 詳しくは、「企業の依存関係グラフの有効化」を参照してください。

依存関係ビュー

リポジトリのマニフェストまたはロック ファイルで指定されている直接および間接の依存関係は、、リストで表示されます。

依存関係送信 API (ベータ) を使ってプロジェクトに送信された依存関係は、やはりエコシステムによってグループ化されますが、リポジトリ内のマニフェストまたはロック ファイルによって識別される依存関係とは別に表示されます。 これらの送信された依存関係は、依存関係のスナップショットまたはセットとして送信されるため、依存関係グラフに "スナップショット依存関係" として表示されます。依存関係送信 API の使い方について詳しくは、「Dependency Submission API を使用する」をご覧ください。

リポジトリで脆弱性が検出された場合、それらはDependabot alertsにアクセスできるユーザに、ビューの上部で表示されます。

注: GitHub Enterprise Server では、 [依存] ビューに情報が入力されません。

依存関係グラフのトラブルシューティング

依存関係グラフが空の場合は、依存関係を含むファイルに問題があるかもしれません。 ファイルがファイルタイプに合わせて適切にフォーマットされているかをチェックしてください。

マニフェストまたはロック ファイルが処理されない場合、その依存関係は依存関係グラフから省略され、安全でない依存関係はチェックされなくなります。

参考資料